聖書事業功労者に新生宣教団ロアルド・リーダル氏 銀座教会で表彰式

2005年12月14日14時56分 印刷
+聖書事業功労者ロアルド・リーダル氏(右)に賞状を渡す聖書協会理事長、大宮溥氏(©JBS)

 日本聖書協会(東京・中央区)が8日、日本基督教団銀座教会(長山信夫牧師、同・同区)でクリスマス礼拝を開催、第16回目となる同協会の聖書事業功労者表彰式を併せて行った。今年は新生宣教団総支配人のロアルド・リーダル氏が表彰された。約350人が会場に集まった。


 リーダル氏は70年の来日以来、福音文書の印刷を通して文書伝道に従事し、78年に新生宣教団の第三代目総支配人に着任。聖書の普及が遅れる国々に聖書を頒布する働きを始めた。


 同宣教団は昨年に創立50周年を迎えた。これまで中国、東南アジア、ロシア、旧ソ連諸国、東欧、アフリカなど80言語以上の聖書を印刷し、90か国以上に頒布している。昨年一年間で3百万1千冊もの聖書を印刷、頒布した。


 03年からは、日本聖書協会との協力で、アフリカのトーゴ共和国にフランス語の聖書4万冊、またエジプトへアラビヤ語聖書20万1千冊の印刷・製本、頒布を手がけた。


 礼拝では、渡部信総主事によるクリスマスメッセージ、ハープ奏者佐々木冬彦氏(松戸小金原教会会員)の賛美演奏などがあった。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース