「神は存在する」 米国大学教授の6割 

2006年10月13日07時31分 印刷

米国大学教授の3人に2人が神、または人間を越える力の存在を信じていることがハーバード大教授らによる社会学調査でわかった。残る3分の1は神の存在を否定するか、知ることは不可能と考えているという。米紙クリスチャンポスト電子版が12日伝えた。


大学教授は総人口と比べて宗教信者が少ないことになる。例えば宗教関連の礼拝または祭典に参加すると答えた大学教授は40パーセントだったのに対し、総人口は47パーセントだった。


短期大学教授を除いたこれまでの調査では大学教授の宗教人口は今回の数値を下回っていた、と今回の報告書は述べている。


また、短大教授は博士学位を提供する主要大学の教授と比べて宗教信者が多いこともわかった。一方で、これらの主要大学の教授における無神論者と不可知論者を合わせた割合は半数を下回り、また神の存在に疑いの余地はないと考える大学教授は全体の20パーセントに上った。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース