NIV改訂訳 印刷版に先駆け電子書籍で販売開始

2010年12月23日18時33分 印刷
+21日に販売が開始されたNVI改訂訳の電子書籍(キンドル版)

 世界で最も普及している英語訳聖書「NIV(New International Version)」の改訂訳が21日、3月に予定されている印刷版の発売に先駆け、電子書籍で販売が開始された。同訳は今年11月に、出版元の米ゾンダーバン社とビブリカのウェブサイトでテキスト全文が公開されている。



 電子書籍でのいち早い販売開始について、ゾンダーバン社のモエ・ガーキンズCEO兼社長は「NIVの改訂がすべて整い、その到着を心待ちにしている方々がいるため、我々は可能な限り早く発売に踏み切りたかった」と説明した。



 同社では電子書籍の販売開始に合わせて、NIV改訂訳が1冊購入される毎にヒンズー語訳聖書を寄付するキャンペーン「Buy One, Give One」を展開している。同社は来年1月4日までのキャンペーンで、最大3万冊を聖書を持たないインドの各世帯に寄付するよう用意している。贈られるヒンズー語訳聖書はNIV改訂訳と類似した訳出となっている。



 ビブリカ国際CEOのキース・ダンビー氏は、同キャンペーンがNIVの歴史を支えてきた福音主義の伝統に沿ったものだと言う。「ヒンズー語を話す人々は6億人以上いる。ビブリカは今回、NIV改訂訳と類似した訳出の聖書をヒンズー語で出版した。これにより、平均的なヒンズー語使用者は神の言葉をより簡単に理解することができるだろう」と説明する。



 現在販売されている訳出のNIVは、3月に改訂訳の印刷版が発売されるのと同時に販売が打ち切りとなる。ゾンダーバン社は来年、改訂訳と関連した電子書籍やアプリケーションなども販売する予定。



関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース