ベルギー・カトリック教会、聖職者による児童虐待認める 「被害者に全力で対応」

2010年9月14日14時32分 印刷

 ベルギーのカトリック教会聖職者による児童虐待問題で同国のカトリック教会を統括するレオナール大司教は13日、記者会見を開き、多数の神父らが長年にわたり児童らに性的虐待を行っていたことを初めて公式に認め、教会を挙げて被害者対応に全力を注ぐ考えを表明した。共同通信が伝えた。



 10日に発表された教会系調査委員会の報告によると、ベルギーのカトリック教会聖職者による虐待の被害申告は475件に上り、被害者のうち少なくとも13人が自殺しているという。



 レオナール大司教は会見で、調査委の報告を検討して「過去の過ちから教訓を得たい」と述べ、教会内での性的虐待の再発防止に取り組むとともに、被害者対応を行うセンターを設置する考えを表明した。また、虐待に関わった者に対しては、教会から永久追放するなど厳しい処分を下す方針を示した。



 ベルギーでは今年4月、北西部ブリュージュの司教が過去に長年にわたって少年と性的関係を持っていたことを認めて辞任。その後、同様の被害申告が急増したことから、同国の司法当局が教会の家宅捜索などに動き出すなどした。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース