強制連行の朝鮮人教会で8月に建立400年記念ミサ 長崎

2010年7月9日17時49分 印刷

 豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、日本に強制連行された朝鮮人が長崎で建てた「サン・ロレンソ教会」の建立400年を記念して、日韓のキリスト教関係者は8月10日、長崎市のカトリック中町教会でミサを開く。共同通信が伝えた。



 記念ミサは、サン・ロレンソ教会を調査している山口県下関市の在日朝鮮人・趙健治氏が長崎のキリスト教関係者に呼び掛けて実現。カトリック長崎大司教区大司教の高見三明氏がミサを執り行うほか、日本二十六聖人記念館館長で神父のデ・ルカ・レンゾ氏による講演も予定されている。



 朝鮮出兵時に強制連行されてきた朝鮮人が住み着いた長崎・高麗町では約7000人が受洗し、サン・ロレンソ教会を建てた。高見氏は「当時の信者の篤い信仰を称え、両国の暗い過去を改めて思い起こし、より良い関係を築くきっかけになれば」と話している。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース