キリスト教ブーム到来? 雑誌などで特集相次ぐ

2010年7月8日13時08分 印刷
+書店に並ぶ特集でキリスト教を扱った雑誌や書籍

 ここ数カ月、キリスト教文化や芸術、歴史や聖書に関する書籍・雑誌の出版が相次ぎ、キリスト教が人々の深層心理に浸透している。



 「キリスト教とは何か」(阪急コミュニケーションズ『pen』)、「人物でよくわかる聖書」(日本文芸社)、「はじめて読む聖書」(新潮社『考える人』)、「キリスト教を知りたい」(学研パブリッシング)など、キリスト教を特集した一般誌を書店で頻繁に見かけるようになった。



 ちょうど今年は9月に東京・有明コロシアムで「日本クリストファー・サン国際大会」、10月には大阪城ホールで「関西フランクリン・グラハム・フェスティバル」という2つの大規模な伝道大会が予定されている。「キリスト教ブーム」と「大衆伝道」の時期の重なりが意義深い。



 ほとんどのブームは長く続かないもの。この機会を大いに生かして、たくさんの人々に福音の真理を知ってもらいたい。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース