卞在昌牧師、初公判で起訴事実を否認 水戸地裁土浦支部

2010年4月16日18時05分 印刷

 教会内で女性信徒に乱暴をしたとして、準強姦罪に問われた茨城県つくば市の国際福音キリスト教会元主任牧師・卞在昌(ビュン・ジェチャン)被告(61、韓国籍)の初公判が16日、水戸地裁土浦支部で開かれ、卞被告は「そんなことはあり得ない。全面的に否認します」と起訴事実を否認した。



 起訴状によると、卞被告は同教会内で07年2月17日頃、20代の女性信徒に「従わなければ苦しみを受ける」などと説教し、「卞被告に従うしかない」と思わせて抵抗できない状態にした上、乱暴したとされる。



 検察側は冒頭陳述で「従わなければ祝福のない人生を歩むことになると信じ込ませ、わいせつ行為を繰り返した」と指摘。一方、弁護側は「卞被告は当日、来客があり接待をしていた」と無罪を主張した。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース