最初の海外伝道者 乘松雅休覚書

2006年4月19日10時00分 印刷

著者大野昭氏は日本基督教団香貫教会(沼津市)の元牧師で、キリスト教史談会を主宰されている。このキリスト教史談会パンフレットは第一号から十九号まであって永年にわたって資料を収集しながら発表されてきた論文集である。その中に乘松雅休覚書がある。

1975年刊行のものを著者が『私の遺稿』として一冊にして改めて出版されたものがこの改版である。

最初の海外伝道者、乘松雅休兄のことを、資料に基づき研究論文としてまとめたものであって、これほど充実した伝記は他に類を見ない。AD2000年は乘松雅休兄が最初の海外伝道者として韓国京畿道水原市にソウルから居住を移し、聖書講堂を開いてから100周年になった。これを記念して韓国基督同信会水原教会(伝道者金明俊兄)では記念礼拝と集会が来る九月二日に持たれようとしている。この時期に出版されたことは実に主に感謝するのほかないのである。

改版はしがきでは、「この人々は『誉れを神のみ』という信仰をもち、自らを表すことを自制したひとたちである。たまたまその消息を知っている立場にいたために、このような文章を書く羽目になった」と、主のみ前に低頭するのみであると述べている。著者もまた『恥はわれわにほまれは神に』と乘松雅休と全く同じ信仰に立っている。百年単位の物語として「福音伝道の神髄」にふれる思いに塧れている。

提供:同信社『恩寵と真理』1000号記念特集号「本の紹介」より抜粋

同著は絶版となったが、多数の発注に応えて同信社は3月10日に再販されていいる。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

『女のキリスト教史』 「#MeToo」運動と一線を画す「もう一つのフェミニズム」の系譜

『世界一ゆるい聖書教室』 フォロワー10万人超の人気ツイッターから生まれたシリーズ第2弾

モーリヤック著『イエスの生涯』 ノーベル文学賞受賞のカトリック作家が描く異色のイエス伝

私の語学学習経験と『古典ギリシア語入門』 CD付きの画期的な入門書

神学書を読む(56)「令和」となった今こそ振り返るべき日本の宗教 『日本人は本当に無宗教なのか』

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(後編・クリスチャンから見た本書)

神学書を読む(55)『福音派とは何か?』(前編・クリスチャンでない人から見た本書)

神学書を読む(54)永井孝尚著『世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた』

神学書を読む(53)公民権運動は果たして成功したのか?(下)【挑戦】 『ヒップホップ・レザレクション』

神学書を読む(53)公民権運動は果たして成功したのか?(中)【衝撃・その2】 『ヒップホップ・レザレクション』

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース