ベニー・ヒン氏、英国教会の同意書なしで英入国できず

2009年10月5日19時03分 印刷
関連タグ:ベニー・ヒン

【CJC=東京】米テキサス州のテレビ伝道者ベニー・ヒン氏が自家用機でロンドン近郊のスタンステッド空港に10月2日着陸したが、入国を拒否された。宗教聖職者の入国に関する新規則による、という。伝道集会開催には英国の教会の同意書が必要だが、それを得ていなかったのが理由とされている。

ヒン氏は、同空港を飛び立ち、今度はロンドン北方のルートン空港に着陸を試みたが、ここでも拒否され、フランスに向かった。

同氏は同日夜から3日間、イーストロンドンのドックランドで大伝道集会を行う計画で、すでにペンテコステ派キリスト者数千人が英国内だけでなく欧州各地から集まり、ホテルも満員の所も出ていた。

会場に集まった数千人に、主催者側はヒン氏が姿を現わさない理由を明らかにしないまま、別の牧師が説教し、献金を求めた。

ブリストルから来た参会者の1人は「これまで何回も来たのに、今度はダメというのはおかしい。ホテル代もかかっているのに」と不満顔。

昨年11月に施行された新規制の目的は、過激主義を排除し、宗教的憎悪を教える人の入国を阻止することにある、という。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
関連タグ:ベニー・ヒン

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース