聖トマス大学、入学者減少で来年度から学生募集停止

2009年6月9日10時27分 印刷

聖トマス大学(旧英知大学、兵庫県尼崎市)は6日、大学院を含め来年度から学生の募集を停止すると発表した。在籍する学生が卒業する2013年3月までは運営を続けるが、合併・譲渡先などが見つからない場合は、閉校する可能性もあるという。

同大では同日、保護者説明会が開かれ、小田武彦学長らが募集停止について説明。少子化の加速から入学志願者が近年急激に減り、これ以上経営を続けるのは困難だと判断した経緯を説明。「学生の教育を維持するために全力を注いできたが、力が及ばなかった。申し訳ない」(共同)と謝罪した。

近畿では唯一の男女共学のカトリック系大学である同大は1962年、英知短期大学宗教科を創設して始まった。翌63年には英知大学神学部、64年には文学部を開設。96年には大学院人文科学研究科を新設し、07年には聖トマス・アクィナス大学国際協議会に加盟し、名称を「英知大学」から現在の「聖トマス大学」に変更した。

また、今年4月からは、事故や病気などで愛する人を失った遺族らへの心のケア(グリーフケア)に関する国内初の研究機関として「日本グリーフケア研究所」を設立していたが、最近の不況の影響も強く、今回の決定となってしまった。大学関係者によれば今年3月時点で約20億円の累積赤字があるという。

他大学などとの合併については、申し出があれば可能性はあるとしており、日本グリーフケア研究所については、優先的に受け入れ法人を探し、継続できるよう可能な限り方法を探していくとしている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース