「天安門事件の被害者は殉教者」と香港の陳司教

2009年6月8日16時45分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

 【CJC=東京】香港カトリック教会の陳日君引退司教(サレジオ会士)は5月29日のミサの際、1989年に北京の天安門広場で発生した蜂起事態の被害者を「殉教者」と表現した。



 「事件後に出国した人たちは家に帰ることが出来ず、被害者の母たちは、息子や娘の死を公然と悼むことも出来ない。事件に関係したとして逮捕・拘留された人が何人なのか誰も知らない」と言う。



 陳司教はその後、香港の外国特派員クラブで講演、中国が本土のカトリック教会を依然厳しく規制している、と語った。「地下教会」の司教や司祭への抑圧があり、政府公認の天主教愛国会が司教たちに、バチカンの承認なしに司教に任命された司教の叙階式典への出席を強要、一方で「不正な」叙階への参加に合意した司教には多額のカネを提供した例もあるという。



 さらにカトリック系『アジア・ニュース』とのインタビューでは、故■小平氏が天安門での「大虐殺」を是認していた、と非難した。



 注=■は登におおさと。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング