姜尚中氏、4月から鎮西学院学院長に

2018年3月9日23時58分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:姜尚中鎮西学院
+姜尚中氏、4月から鎮西学院学院長に
姜尚中(カン・サンジュン)氏=2014年8月15日、聖学院大学(埼玉県上尾市)で
- 広告 -

鎮西(ちんぜい)学院(長崎県諌早=いさはや=市)は8日、政治学者で東京大学名誉教授の姜尚中(カン・サンジュン)氏(67)が、4月1日付で同学院の第27代学院長に就任することを発表した。姜氏は2006年4月から同学院の教育顧問を務めており、学院長就任は学院理事会で決まった。

1950年熊本市生まれ。国際基督教大学(ICU)助教授、東京大学社会情報研究所助教授、同教授、同大大学院情報学環現代韓国研究センター長などを経て、2013年から同大名誉教授。14年から1年間、聖学院大学学長を務め、現在は熊本県立劇場理事長兼館長を務めている。著書に小説『母-オモニ-』『』のほか、『悩む力』『リーダーは半歩前を歩け』など。

鎮西学院は1881年、北米メソジスト監督教会から派遣された宣教師キャロル・サマーフィールド・ロングによって、長崎市東山手に創立された加伯利(カブリー)英和学校を母体とする。1906年に鎮西学院に改称。30年、同市竹の久保町に移転。当時の校舎(現活水中学・高校)は長崎の爆心地から500メートルほどしか離れていない場所にあり、多くの教職員と生徒が犠牲になった。46年に諌早市へ移転。キリスト教精神に基づく人格教育を理念とし、現在は鎮西学院幼稚園、同高校、長崎ウエスレヤン大学を運営している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:姜尚中鎮西学院

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング