ボコ・ハラム、再び女子生徒を大量拉致か 76人救出、2人死亡の情報も

2018年2月22日14時02分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ボコ・ハラム, チボク, ナイジェリア
2014年にイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」によって拉致されたナイジェリアの女子生徒たち。イスラム教の女性衣服「ヒジャブ」を着用させられている。
- 広告 -

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が19日夜、ナイジェリア北東部ヨベ州ダプチにある学校を襲撃し、多数の女性生徒の行方が分からなくなった。一方、ロイター通信(英語)によると、ナイジェリア軍は21日までに76人を救出し、2人の遺体を収容した。

同通信が情報筋の話として伝えたところによると、19日の襲撃では91人の行方が分からなくなっており、少なくとも13人の生徒の行方が依然分かっていない。また、遺体で発見された2人については、どのような経緯で死亡したのかはまだ確認が取れていないという。

一方、AFP通信は、ヨベ州警察当局の21日の発表として、当時学校にいた生徒926人のうち815人については確認できたが、111人が行方不明と伝えている。同通信によると、警察当局は多数の生徒が行方不明となっているが、ボコ・ハラムに拉致されたかどうかの確認は取れていないとしている。

ボコ・ハラムは2014年、ヨベ州に隣接するボルノ州チボクの学校を襲撃し、女子生徒276人を拉致している。この事件では一部の生徒が脱出したり、政府との交渉で解放されたりしているが、依然として112人が行方不明のままになっている。生徒らはボコ・ハラムの戦闘員と強制的に結婚させられたり、自爆テロを強要されたりしていると伝えられている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング