キリスト教保育連盟 社団設立40周年の夏期講習会開催へ

2008年6月27日22時07分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+

 全国800以上のキリスト教主義幼稚園・保育園などが加盟する社団法人キリスト教保育連盟は今年、社団設立40周年を迎え、記念の夏期講習会を7月29日から31日まで、名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市中村区名駅1‐1‐4)で開催する。



 主題は、「いのち・生きる・平和」。阿久戸光晴氏(聖学院大学学長)と遺伝子学者の中村桂子氏(JT生命誌研究館館長)が講演するほか、4つのコースに分かれての分科会も行われる。



 日本におけるキリスト教保育は、米国やカナダ、ドイツなどから来日した婦人宣教師らによって約120年前から始められた。その後、保育の向上のために組織化が進み、1968年に現在の同連盟が設立。同連盟は現在、キリスト教保育関係者の資質向上や幼児教育の振興を目的として、幼児教育の調査研究や保育関係者の教育、研究会・講演会の開催などを行っている。



 夏期講習会は毎年開催されており、今年で79回目を数える。今年の分科会は、「今保育にもとめられていること 」「みんなで生きるためには」「子どもの生きる力(仮題)」「子どものこころ 詩のこころ」の4テーマ。



 問い合わせは、同連盟(電話:03・3204・3286、FAX:03・3204・3289)まで。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング