スリランカの自爆テロでカトリック信徒閣僚も死去

2008年4月15日17時38分 印刷
関連タグ:スリランカ

【CJC=東京】スリランカでは、タミル人の独立を求める反政府武装組織『タミル・イーラム解放のトラ』(LTTE)と、シンハラ人主体の政府との内戦状態が80年代から続いているが、4月6日朝にコロンボ近郊ガンパハ県で行われたマラソン大会のスタート時に自爆テロとみられる爆発があり、カトリック信徒のジェヤライ・フェルナンドプレ高速道路・道路開発相(55)と92年のバルセロナ五輪男子マラソン代表K・A・カルナラテネ氏(47)を含む14人が死亡、負傷者も50人以上に上った。

治安当局は、LTTEの自爆攻撃部隊『ブラック・タイガー』の犯行と見て捜査している。マラソン大会は、人口の約7割を占める仏教徒主体の多数派シンハラ人と、同約2割のヒンズー教徒主体の少数派タミル人との交流を促進するイベントの1つだったという。

フェルナンドプレ氏は首相候補とも目される与党幹部で、強硬なLTTE批判派だった。

スリランカの教会は、フェルナンドプレ氏が殺害されたことに危機感を抱いている。

英国国教会(聖公会)のデュリープ・ドチッケラ監督は、「共同体を作るためのスポーツ計画が、突然、乱暴にも粉砕された。挑発的暴力行為は恐怖、疑念、そして怒りを広げる。共同体の溝を広げ、平和な対話への可能性を小さくする」と悲しみを表明した。

超教派の『社会的行動のためのキリスト者連合』のアインスリー・ジョセフ氏(カトリック)は「このような殺害は戦争商人を強めるだけ。政府にとって大損失だ」と語った。

この1月には、タミール族との休戦停止直後にD・M・ダッサナヤケ国家建設相が殺害され、閣僚殺害はフェルナンドプレ氏で今年2人目。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
関連タグ:スリランカ

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月8日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 4,257
(+351)
1,275,104
(+68,514)
死者数 81
(+1)
72,523
(+5,013)
回復者数 622
(+30)
297,401
(+22,712)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース