ホーム > 地震・災害  

羊蹄山で雪崩、会社員の関田博之さんが行方不明 山スキー中に 北海道京極町

2016年3月26日14時58分 印刷
+羊蹄山で雪崩、会社員の関田博之さんが行方不明 山スキー中に 北海道京極町
羊蹄山(写真:Ato ARAKI)

北海道京極町の羊蹄山(標高1898メートル)で26日午前10時10分ごろ、雪崩が発生した。山スキーをしていた会社員の関田博之さん(41)=札幌市北区=が雪崩に巻き込まれ、行方不明になっており、警察が捜索に当たっている。北海道新聞などが伝えた。

同紙によると、関田さんが羊蹄山の7合目付近をスキーで滑走していた際に雪崩が発生し、5合目付近まで流されたという。雪崩は羊蹄山の京極町側で発生した。

同紙や朝日新聞読売新聞によると、関田さんは30代の男性=石狩市=と共に26日午前5時半ごろ入山。同10時ごろから滑走を始めたが、約10分後に30代男性が7合目付近で雪崩の音を聞き、5合目付近まで滑り降りたところ、関田さんの姿が見えなくなっていたという。

30代の男性はスノーボードをしていたが、けがはなく、119番通報した後に自力で下山したという。

関連記事


新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース