神社油まき事件、キリスト教系団体創立者に逮捕状

2015年6月1日14時51分 印刷

全国の神社などに油のような液体がまかれていた事件で、千葉県警は、事件に関与した疑いが強まったとして、キリスト教系宗教団体の創立者で米国在住の日本国籍の男(52)の逮捕状を取った。朝日新聞など国内メディアが1日、伝えた。

同紙が関係者の話として伝えたところによると、この男は2013年に団体を設立。遅くとも同年夏ごろから、中国地方や九州地方の神社などで油をまいていたことを、信者向けの集会で証言していたという。

千葉県香取市の香取神宮の建造物に液体をかけた疑いが持たれており、防犯カメラには男に似た不審な男の姿が映っていたという。奈良県や京都府での同様の事件との関連も慎重に調べる方針だという。

一方、別の報道によると、この男は医師でもあり、現在米国にいるため、千葉県警は帰国を待って事情を聴き、容疑が固まり次第逮捕する方針。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース