サウジアラビア国王が初のバチカン訪問、ローマ教皇と会談

2007年11月8日23時04分 印刷
関連タグ:サウジアラビア

サウジアラビアのアブドラ・ビン・アブドルアジズ国王は6日、サウジアラビアの国王としては初めてバチカンを訪問し、ローマ教皇ベネディクト16世と会談した。パレスチナ・イスラエル間の紛争解決に向けた動きについてなどが話し合われた。AFP通信が7日報じた。

バチカンの発表によれば、両氏はキリスト教、イスラム教、ユダヤ教の協力に関してや、各宗教間の共存に向けた「知的な対話」の重要性について強調した。一方、ローマ教皇は会談の中で、サウジアラビア国内のキリスト教徒の存在に関しても言及したという。

サウジアラビアではイスラム教ワッハーブ派が国教となっており、国民が他の宗教を信じることは禁じられている。そのため同国の国籍を取得する場合はワッハーブ派への改宗が義務付けられるなどしている。しかし、東部には国民全体の1割程度のシーア派住民がおり、ワッハーブ派から様々な圧迫を受けている。

一方、サウジアラビアのキリスト教徒は公式には存在しないことになっているが、人口の3パーセント強にあたる約80万人がいるとされている。その大部分はフィリピンからの出稼ぎ労働者で、同国内のインド人、韓国人、エジプト人などの中にもキリスト教徒がいるという。

関連タグ:サウジアラビア

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース