東京ミッション研究所、冬季フォーラム「今の時代に『次世代育成』を問う」開催へ

2014年1月21日21時25分 印刷

東京ミッション研究所(TMRI、金本悟所長、東京都東村山市)は2月24日、東京・お茶の水のお茶の水クリスチャンセンター(OCC)で、「今の時代に『次世代育成』を問う」をテーマに冬季フォーラムを開催する。

パネリストは廣瀬薫氏(東京キリスト教学園理事長)、中西雅裕氏(日本ホーリネス教団委員長、東京聖書学院理事長)、東條隆進氏(日本キリスト兄弟団代表役員)の3氏で、特別ゲストとしてマーク・ウィリアムズ氏(国際教養大学副学長)が参加する。

同研究所では今回のフォーラムについて、「子どもの減少、献身者や牧師不足といった深刻な現実の中、日本の教会は次世代育成への待ったなしの対応が求められています。しかし、『弟子づくり』(弟子訓練)や『次世代育成』は、既存の組織存続の単なる方策なのでしょうか。福音によって時代を創る次世代のリーダー育成に取り組む3名の方々に語っていただきます」と紹介している。

2月24日 午後2時半から。参加無料(席上献金あり)。申し込み不要。会場はOCC(東京都千代田区駿河台2-1)の4階416号室。問い合せは、東京ミッション研究所(電話・FAX:042・396・5597、メール:tmri@zar.att.ne.jp)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース