シリア内戦激化で死者12万以上にも

2013年5月21日08時49分 印刷
 【CJC=東京】シリアで2011年3月に反政府デモが本格化して以来の死者が9万4千人を超えた。英国に本拠を置く「シリア人権監視団」が5月14日発表した声明で明らかにした。監視団は死者が8万人を超えたと12日に発表したばかりだが、アサド政権を支えるイスラム教アラウィ派が多い西部タルトス、北西部ラタキアなどでの犠牲者数が、従来の情報よりはるかに多いことが判明したという。監視団によると、実際の死者数は12万人以上と推定される。

 4月22日に北部アレッポ付近で拉致された正教会主教2人の所在は不明のまま。拉致犯との連絡もついていないまま、1か月を迎える。

 バラク・オバマ米大統領は5月16日、シリアのアサド政権の化学兵器使用が裏付けられた場合の対応について「外交・軍事の両分野で追加的措置を取る用意がある」と述べ、軍事的対抗措置を検討していることを明らかにした。発言は従来より踏み込んで「軍事」と明言したもの。大統領は「大事なのは何が起きたのか、さらなる具体的情報を得ることだ」と化学兵器使用の証拠収集を続けていることを強調した。

 シリアのバッシャール・アル=アサド大統領は19日、メディア・インタビューで、米ロが開催で合意したシリア問題の国際会議について、「シリアの改革を決めるのはシリアであり、米国もいかなる国も介入は許されない」と述べ、会議の成果に懐疑的な見方を示した。

 また「国家はテロリストと交渉しない」と述べ、反体制武装勢力との対話をあらためて拒否した。

 レバノンとの国境に近い要衝の町クサイルでは19日、政府軍と反体制派の戦闘が激化し、双方が町の一部を制圧したと宣言した。『シリア人権監視団』によると、この戦闘で反体制派の戦闘員48人を含む多数が死亡し、数百人が負傷した。

 国連総会は15日、アサド政権を強く非難し、反体制派の統一組織「シリア国民連合」が設立されたことを歓迎する決議案を採択した。賛成は日米やアラブ諸国など107、反対はシリアや中ロ、北朝鮮など12で、インドなど59カ国が棄権した。


クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース