早川須賀子の記事一覧

早川須賀子

私の祈り(12) 早川須賀子

心が高ぶる時、横柄な言葉を語り、神を認めず、神により頼むこともせず、自信のある者のようです。何と愚かな姿でしょう。この姿に、どれほど多くの人たちが傷つき、つまずくことがあったことでしょう。

2015年05月19日6時52分

早川須賀子

はやねえの詩(9)愛の風

心地いい風が吹いている。この風は、どこから来るのだろう。風は、目に見えない。手でつかむこともできない。

2015年05月15日7時15分

早川須賀子

私の祈り(11) 早川須賀子

愛する者たちがいます。私の乏しさゆえに また愚かさゆえに、足りなさを覚え 後悔するばかりです。しかし、ただ神を恐れること、また、神を避け所として生きる幸いを伝えたいと、心より願いながら生きてきました。

2015年05月12日7時08分

早川須賀子

はやねえの詩(8)えんぴつ

あなたはえんぴつになりなさい。そう言われた。何のことだか分からない。しっかりと芯のある生き方をするようにということだった。そして 周辺の人に細かくまた豊かに気を使い生きなさいと。うーん、おもしろい。

2015年05月08日6時53分

早川須賀子

私の祈り(10) 早川須賀子

唇に何度手をあてようとも多くの言葉を語り、人を傷つけ、自分も後悔の思いにかられ、また言葉を通して悪臭をまき散らす者であることを許してください。自分の力でこの唇を制することは決してできません。

2015年05月05日7時53分

早川須賀子

はやねえの詩(7)あたたかな光

光の中で、私が映し出された。愚かな、みっともない自分がそこにあった。思わず顔をおおい、何でそんな姿を、私に、人に、見せつけるのかと、光に向かってどなりつけた。

2015年05月01日9時25分

早川須賀子

私の祈り(9) 早川須賀子

私たちは本当に、多くの計画や思いを持ちます。しかし、そのほとんどが空しいものです。また時には、その計画はとても慕わしく魅力的です。またそれらには 神から遠ざかる道を感じることがあります。でも心は、その計画や考えにしばしば囚われ悩む者です。

2015年04月28日6時53分

早川須賀子

はやねえの詩(6)風の舞踏会

桜の花が開いた。時を得て、一斉に開いた。人の心に華やぎが、喜びの力が届いてくるよう。見るすべての人が、歓喜の声を思わず上げる。風が吹くたびごとに、優しい色づいた風が舞った。

2015年04月24日7時10分

早川須賀子

私の祈り(8) 早川須賀子

私たちは、他の人の問題や困難に心がひかれ、耳を傾け、自らわざわいの中に飛び込むことがあります。またそのことに多くの時間を費やし、後に不平不満を多くもたらす者です。

2015年04月21日7時16分

早川須賀子

はやねえの詩(5)新しい道

病気になると、私たちは治ることだけが良きことのように思う。事故や災難にあうと、悪いことのように言う。本当にそうだろうか。

2015年04月17日6時55分

早川須賀子

私の祈り(7) 早川須賀子

完全ということのできる方は唯一です。また 神のみことばは、混じりけのない真実な愛です。私たちが、あてにならない自分や自分が良いと思う人により頼む者でなく、私たちを創り、私たちに生命を与え、私たちを私たち以上に責任を持って愛してくださっている方に、いつも身を避ける者、より頼む者とさせてください。

2015年04月14日7時05分

早川須賀子

はやねえの詩(4)プロポーズ

突然のプロポーズに、涙があふれてどうすることもできません。顔がクシャクシャになってしまいそうです。こんな私でいいのですか。本当にいいのですか。君の存在が必要だといってくれるあなた。

2015年04月10日6時43分

早川須賀子

私の祈り(6) 早川須賀子

何と自分の力は弱いことでしょう。小さな苦しみや難題が持ち上がると、たちまち心が沈んでしまいます。どうか、すべてのすべての中に神がおられ 私を私よりも愛してくださっていることを、忘れない者とさせてください。

2015年04月07日6時38分

早川須賀子

はやねえの詩(3)夢ノート

目標を持って夢ノートを書いてみた。夢を書いたら、実現するかな。夢が現実になるためにその夢を本気で求めたら、今のまんまじゃ駄目だと分かった。

2015年04月03日7時30分

早川須賀子

私の祈り(5) 早川須賀子

私は今日も、自分の痛みや苦悩の中で、まるで神が私にいじわるでもされているかのように思う者です。どうか許してください。大きな御手の中で愛され、許され、あわれみと恵みの中で生かされているのに、私は、いつもまるで被害者のように思う者です。

2015年03月31日6時25分

早川須賀子

はやねえの詩(2)映画の1シーン

「くやしかったのは、勝負に負けたことでなく、ゴールに着いた時、自分に余力が残っていたことだった」。そんな1シーンを耳にした時、胸がドキッとした。何年かして、その主人公が、また勝負をかけ、そして負ける。

2015年03月27日6時51分

早川須賀子

私の祈り(4) 早川須賀子

私の祈り、私の叫びを、私の身勝手な願いや思いを、清めてくださるようにお願いします。私の祈りは、私の都合と考えに満ちています。あなたが私の思いに光を強め、私が自分をわきまえることができますように。

2015年03月24日5時59分

早川須賀子

はやねえの詩(1)心のゴミ

大声を出して泣いていいですか。私の心のゴミを、全部吐き出していいですか。何を言っても、いいですか。叫んでも、とんでもないことを言っても、いいですか。

2015年03月20日6時28分

早川須賀子

私の祈り(3) 早川須賀子

苦しみの時、悩みの時、病や不安の時、私たちは、いつも神を呼び求めます。しかし、それはいつも苦しい時の神だのみのようで、真に神は、われらの避け所といえるものではありません。

2015年03月17日6時55分

早川須賀子

私の祈り(2) 早川須賀子

「主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません」(詩篇23篇1節)。今日も、この者を覚え愛してくださる神がおられることを感謝します。私が、羊飼いであるあなたから決して離れることがないよう、どうかお守りください。

2015年03月10日6時41分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース