ルーテル学院大、創立100周年行事を来年度開催

2009年2月19日17時20分 印刷
+

 東京都三鷹市にあるルーテル学院大学・日本ルーテル神学校は今年、創立100周年を迎える。来年度には100周年を記念した様々な催しを行う予定だ。



 同大は1909年、熊本市で路帖神学校として開校。1925年に東京・中野区鷺宮に、1969年には現在の三鷹キャンパスに移転した。現在も1学年の定員が100人という、文字通りの少人数教育を実践。教員や学生同士が気軽に声をかけられるアットホームな雰囲気の大学だ。村野藤吾氏設計の本校舎、チャペル、図書館は現代建築百選に選ばれているほか、06年にはトリニティホール、翌年にはルターホールを建設。学内再開発にも力を入れている。



 来年度に予定されている記念行事は、4月25日の記念ハープコンサート、5月13日の包括的臨床死生学研究所・コミュニティ人材養成センター創設記念会、6月から9月にかけて行われる学術講演会シリーズ、9月23日の100周年記念式典・記念礼拝、10月12日の100周年記念講演会など。9月の記念式典には医師で作家の鎌田實氏、10月の記念講演会には医学博士の日野原重明氏が講演する。



 同大は、オリーブの葉をモチーフにした100周年記念のロゴマークも作成。聖書で「平和」「繁栄」などのシンボルとなっているオリーブの葉を使用することで、これまでの100年の歴史への感謝と、これからの繁栄と平和を求める願いを表現した。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング