聖書を学んでみませんか? イエス・キリスト・エクレシアよろこび研究会

2019年12月25日18時29分 印刷

よろこび研究会とは

聖書を学んでみませんか? イエス・キリスト・エクレシアよろこび研究会

毎回決められた聖書個所を読み、

主から語られたことを参加者一人一人が分かち合う。

メッセンジャーは聖霊の導きに従い、

ライブで主からのメッセージを取り次ぐ。

みことばの泉にひたり、

聖霊のよろこびに満たされる、

「新しい皮袋な人たち」のためのバイブルスタディ。

真理はあなたを自由にします。(ヨハネ8:32)

「よろこび研究会」では、上記をテーマとして、真理のことばで“よろこび”をお届けしています。

1. 聖書のみことばを分かりやすく
2. 日常生活に適用できるように
3. より実践できるように

主イエスに出逢ったにもかかわらず、その後“よろこび”がない方。
聖書の読み方が分からず、読んでいても“よろこび”がない方。
メッセンジャーなのに、メッセージ作りに追われて“よろこび”がない方。

「私のこと?」と思った方は、ぜひご連絡ください。
真理はあなたを自由にし、あふれる“よろこび”で満たしてくれます。

本当の自由を探求しませんか?

イエス・キリスト・エクレシアよろこび研究会主宰 奥田英男

「聖書」を読むと、「真理はあなたがたを自由にします」(ヨハネ8:32)と記されています。私たちは知らぬ間に、人間関係、家族関係、異性関係、仕事、お金、あるいはさまざまな欲望、欲求などで人生と日々の生活ががんじがらめになっていないでしょうか。

よろこび研究会では、聖書の人類史からひもといて、分かりやすく、日常生活に適用し、実践することによって、解放とよろこびを体験し、自由と休みを得ていきます。

共に、永遠の真理である聖書から学んでみませんか。祝福をお祈り致します。

参加者からの声

よろこび研究会に参加させていただき、その学びの深さ、気づきに驚きの連続です。学びによって、御言葉、そして血潮の祈りがいかに大切か気づかされます。参加している皆さんと一緒に言葉を宣言した後、身体の奥から湧き上ってくるエネルギーの広がりに満たされ、胸が熱くなりとても喜びを感じます。感謝でいっぱいです。(S・M、男性)

参加をして、聖書の実習を学ばせていただき、キリストにある生活を実感するようになりました。感謝です。(R・O、女性)

信仰歴30年になる私ですが、よろこび研究会に参加して、目からうろこが落ちる体験をたくさんしました。試練をよろこぶこと、イエス様の血潮で祈ること、敵との戦い方等々、多くのことを教えていただき感謝しています。神様との関係もより深いものになっています。主に栄光をお帰しします。ハレルヤ(A・M、女性)

私は、昨年から出席しています。今春、進行がんの求道中の女性と共に出席しました。学びの中で救霊のメッセージのことばに応答し救われました。その後その姉妹は、みことばを自分に語られた神のメッセージとして真摯に受け取りその後、天の父の元に帰って行きました。救われてからは、家族に熱心に伝道していました。言葉には、世の言葉と神のみことばがあり、この世の言葉に従う者は滅び、みことばに従う者は永遠の命に至ります。姉妹は、人生のどんでん返しが起こり滅びに至る寸前で永遠の命につながり天に旅立ちました。ハレルヤ(N・K、女性)

よろこび研究会に導かれた主の導きと励まし、孤児としないと約束されたみことばの成就。本当によろこびと感謝でいっぱいです。「その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう」長い間、何の事かとわかりませんでしたが、体験しました。きっとこのことだと♪(M・S、女性)

イエス・キリスト・エクレシアよろこび研究会ホームページ

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

PRの最新記事 PRの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース