ホーム > 事件・事故  

「しまさきクリニック」の嶋崎達也医師逮捕、「治療」と称し中3女子にみだらな行為

2016年1月21日23時07分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「しまさきクリニック」の嶋崎達也医師逮捕、「治療」と称し中3女子にみだらな行為
※ 写真はイメージです。
- 広告 -

治療と称し、中学3年の女子生徒(当時15)に高知県内のホテルで数回にわたってみだらな行為をしたとして、医師の嶋崎達也容疑者(60)=高知市=が21日、児童福祉法違反(淫行)容疑で逮捕された。毎日新聞などが伝えた。

高知県の医療情報サイト「こうち医療ネット」によると、嶋崎容疑者は「しまさきクリニック」(高知市)の医師。同紙によると、島崎容疑者は「スキンシップが一番の治療法」などと言い、2013年10月22日〜11月6日、18歳未満と知りながら当時15歳だった少女に、高知県内のホテルで数回にわたってみだらな行為をした疑いが持たれている。

こうち医療ネットによると、しまさきクリニックは、診療科目として内科、小児科、循環器科、リハビリテーション科を挙げており、島崎容疑者個人が開設した病院。同紙によると、島崎容疑者は13年春ごろ、患者として病院を訪れた少女を診察し、その後も携帯電話で連絡を取り合っていたという。

児童福祉法違反では、児童(18歳未満)に淫行をさせた場合、10年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金(併科の場合もあり)を定めている。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング