米カトリック教会 「世界動物の日」で動物祝福式

2010年10月4日18時47分 印刷

 【CJC=東京】「世界動物の日」の10月4日は、カトリック教会にとっては動物・環境保護の守護聖人であるアッシジのフランシスコの聖名祝日。米国ではこれに合わせて各地の教会で動物祝福式が行なわれた。



 2日朝、アイオワ州アイオワシティーの聖パトリック・カトリック教会で行なわれた祝福式には飼い主約80人が犬、猫、ウサギ、スナネズミなどのペット50匹を連れて参加した。



 3日午後、ニューヨーク・マンハッタンのモーニングサイド・ハイツの『セント・ジョン・ザ・ディバイン大聖堂』では26回目の祝福式が3日行なわれた。



 「今日は、神の創造を祝える日、それには全ての被創造物が含まれる」とマーク・シスク司教が語った。



 あらゆる種類の犬から始まってモルモット、ウサギ、ミニチュア・ポニー、羊、山羊なども参列した。



 テネッシー州ノックすビルの聖ジェームズ・エピスコパル教会前でも「動物の祝福」が行なわれた。「スタンリー」と名づけられた魚もマーク・ウィッガーズ神父から祝福を受けた。祝福式はアルベルト・シュヴァイツァーへの感謝の祈祷で終わった。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング