ホーム > 事件・事故  

ノーヘル警官、ツイッターに動画投稿される 「活動帽とヘルメット勘違いした」

2016年2月10日12時30分 印刷
+警官
※ 写真はイメージです。(写真:Spaz Tacular)

警官が職務中にヘルメットを着用せず、「ノーヘル」の状態でバイクを運転していたことが、ツイッターに投稿された動画などで分かった。ノーヘル警官には9日、交通違反切符(白切符)が交付された。警官は初め、職務時に着用する「活動帽」をかぶっており、ヘルメットを着用していたと勘違いしたなどと説明しているという。毎日新聞などが伝えた。

同紙によると、白切符が交付されたノーヘル警官は、大阪府警松原署地域課の20代の男性巡査。職務中だった8日午後2時20分ごろ、松原署前の道路を西へ数十メートル、ノーヘルでバイクを運転したという。巡査は管轄する交番へ向う途中だった。

巡査はノーヘルで数十メートル、バイクを運転した後、交差点を通過した直後にバイクを止め、ヘルメットを着用したという。巡査は初め、警官が職務時に着用する「活動帽」と呼ばれる帽子をかぶっており、ヘルメットを着用していたと勘違いしたなどと説明しているという。

目撃した男性が松原署に通報して発覚。ノーヘル状態でバイクを運転する様子も動画で撮影され、ツイッターに投稿された。

関連記事


新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース