全米で「666」の道路標識盗まれる、熱狂的宗教者の犯行か

2008年10月3日01時31分 印刷
+

 新約聖書のヨハネの黙示録に出てくる数字「666」が含まれる道路標識などが盗まれる事件が全米で相次いでいるという。誰が何の目的で盗んでいるかは全く不明で、警察や高速・有料道路管理当局などは、熱狂的な宗教関係者ではないかと推測している。AP通信が伝えた。



 米ニュージャージー州の道路当局によると、ここ2年間で高速道路の北行き車線で「66.6マイル」の標識が少なくとも4、5回にわたり盗難に遭っているという。周辺に住居の少ない設置場所から真夜中に盗まれていることが明らかで、「666」という数字に何らかの執着を持つ人物が持ち去っていると考えられている。



 同州モリス郡でも数年前、「666号線」の標識が盗まれ、当局が再設置しても1、2日で再び盗まれるというイタチごっこが続いた。そこで、当局が路線名を「665号線」に変更すると、その後標識が盗まれることはなくなったという。今回同州でも盗難を避けるため、標識を「66.61マイル」とより詳しく表記するという措置が取られた。



クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース