フランクリン・グラハム牧師2度目の訪朝 礼拝でもメッセージ

2008年8月6日22時52分 印刷
+礼拝で説教を行うフランクリン・グラハム牧師=3日、平壌のボンス教会で(Samaritan's Purse / Chritian Post)

 先週31日から北朝鮮を訪問していたフランクリン・グラハム牧師は3日、首都平壌にあるプロテスタント教会で行われた礼拝で説教を行い、4日間の訪朝を終えた。グラハム氏は、ヨハネの福音書にあるイエスとニコデモとの対話に触れ、罪の悔い改めとイエスをキリストと信じる信仰によって人は新しく生まれ変わることができると、その日会堂に集まった数百人の会衆に訴えた。



 グラハム氏は前回2000年に訪朝した際にも、今回礼拝で説教をしたボンス教会でメッセージを伝えている。これまでに同教会で説教することを許された米国人牧師は、同氏とその父ビリー・グラハム氏の2人だけで、ビリー・グラハム氏は過去に2回、92年と94年に訪朝している。



 朝鮮中央通信によると、グラハム氏は2日、金永大(キム・ヨンデ)最高人民会議常任委員会副委員長とも会見した。



クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース