ホーム > 社会一般  

暴走族「打越スペクター」元リーダー格の西村聡造容疑者逮捕 歌舞伎町乱闘事件で

2016年3月15日16時34分 印刷
+警視庁
警視庁本庁舎=2015年(写真:Tsu)

TBSによると、東京・歌舞伎町で先月発生した乱闘事件で、警視庁は15日までに、暴走族「打越スペクター」の元リーダー格の西村聡造容疑者(35)を逮捕した。事件をめぐっては既に、指定暴力団「山口組」系暴力団の幹部ら4人が逮捕されている。西村容疑者は調べに対し、黙秘しているという。

事件は先月15日、歌舞伎町で発生。職業不詳の男性(35)が集団で殴る蹴るの暴行を受けたもので、警察は、山口組と山口組から分裂した新組織「神戸山口組」の抗争との関連も含め、調べを進めている。

既に逮捕されているのは、山口組系暴力団の組長(一部報道では「総長」)である金伸一(きん・しんいち)容疑者(55)ら4人で、14日までの報道ではいずれも黙秘している。

暴行を受けた男性について、TBSは今回の報道で、「山口組系暴力団幹部」と伝えている。

西村容疑者がリーダー格だったという暴走族「打越スペクター」は、東京都八王子市打越町の出身者らによるグループ。

関連記事


新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース