「軍艦島」などの世界遺産登録に反対 韓国の教会指導者が共同声明

2015年4月23日00時07分 記者 : 行本尚史 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「軍艦島」などの世界遺産登録に反対 韓国の教会指導者が共同声明
「軍艦島」として知られる長崎県の端島(はしま)(写真:Hisagi)
- 広告 -

韓国基督教総連合会(CCK)・韓国教会連合(CCIK)・韓国基督教教会協議会(NCCK)など、韓国の主要な教会組織の指導者たちは1日、ソウルで記者会見を行い、戦前の日本帝国主義と結び付いた場所を日本がユネスコの世界文化遺産に登録しようとしているとして非難し、登録を阻止するとする共同声明を発表した。韓国紙「国民日報」(英文電子版)が3日に報じた。

同紙によると、「日本の帝国支配に関連する世界文化遺産を登録する日本の試みを非難する共同声明」と題したこの声明は、長崎県の端島(はしま、通称・軍艦島)について、何百人もの朝鮮人が炭坑で強制労働に駆り出された苦難の「地獄島」であるとしている。

来年に世界文化遺産の登録審査が行われる「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」に加えて、端島を含む「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」(長崎県など8県)は今年の夏、登録審査の対象となっている。

日本政府がこれらの産業遺産の登録を推進する一方で、韓国メディアによると、韓国政府は、朝鮮人が強制徴用された九州や山口の近代産業遺産は遺産登録の基本精神に反するとして、登録に反対している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング