トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

米田武義

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(120)世の知識知恵、神の知識知恵 米田武義

人をタイプ別に見ると、知恵者、知識に富んだ人、機知に富んだ人に分けることもできる。この片りんは、クリスチャンになってからも見られる。

2017年05月18日12時57分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(119)赦されたうれしさ 米田武義

昨日、変な夢を見て夜中に目が覚めた。そこは静かな図書館のような所で、私の隣には知人が座り、本を机に立てて読んでいた。彼が私に何か失礼なことをしたか言ったのだが、それははっきりと覚えていない。

2017年05月11日7時32分

米田武義

死に勝るいのちを得て(118)私たちの体は神から受けた聖霊の宮である 米田武義

科学の領域でもそうであるが、あまりにも人間が自由自在に必要以上に自然に立ち入った場合、文字通り不自然なことを行ったときには、いろいろ難しい他の問題が新たに起こってくることが多い。

2017年05月04日6時38分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(117)中味の濃い交わり 米田武義

昨日は少々風邪気味だったので、大事をとって外出せず、風邪薬を飲んで休んでいた。血液中の白血球が少なく、肝機能も良くないので、風邪とて侮れない。

2017年04月27日10時38分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(116)聖書の教えを損得勘定で見るなら 米田武義

今までいろんな人の話を聞いていると、誰しも1度は“こんなことなら最初から信仰を持たなければ良かったのでは”と、ふと思うときがあるようだ。

2017年04月20日11時45分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(115)イエス・キリストの人間味の役割 米田武義

イエス・キリストは、人類救済のために、十字架上で全人類の罪を贖(あがな)われて死に、3日目によみがえられた。この大きな目的のために、完全なる人となって世に来られた。

2017年04月13日13時25分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(114)現代病睡眠障害 米田武義

現代病の1つとして、睡眠障害がよく取り上げられる。確かにストレスの多い時代である。私のようなのんきな性格の者でも、時に眠りにくいときがある。

2017年04月06日7時48分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(113)使徒の役割 米田武義

今日メッセージで学んだことは迫害についてであった。迫害を受けたとき、「あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい」(マタイ5:11、12)と書いてある。

2017年03月30日13時16分

米田武義

死に勝るいのちを得て(112)この乱れた世はどう位置づけられるか 米田武義

いじめの問題、小・中学生の自殺の問題、先生の殺人、親が子を殺す、または子が親を殺す、社会的要職の人の殺人や背任等々、最近はとどまるところを知らないかのごとくに、冷酷で道徳など存在しないかのような事件が多い。

2017年03月23日19時21分

米田武義

死に勝るいのちを得て(111)好む好まざるを問わず、霊の世界に行く 米田武義

聖歌を賛美に用いている。聖歌や讃美歌は大好きである。しかし正直に言うと、聖歌の中の天国のパートはあまり好きではない。理由は分からないが、多分メロディーや詩句に原因があるのかもしれない。

2017年03月16日7時24分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(110)人は奇跡を奇跡と思わない 米田武義

昨年の今頃は、腸の手術を終えてぼつぼつ退院という頃であった。退院はしても、肝臓の方は一体どうなるのだろうかと、先のことは全く未知数であった。

2017年03月09日11時40分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(109)とりなしの祈りの根本 米田武義

とりなしの祈りなどしたこともなかったのに、始めて数カ月くらいになったろうか。身近なところから、教会、近所、親戚と広がっている。

2017年03月02日11時45分

米田武義

死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(108)ささいなる不快感 米田武義

最近、長らく会っていない知人に1年余りぶりに会った。私の病気を聞いて非常に驚いていたが、会話の中で、私の顔色が悪いと面と向かって言うのである。

2017年02月23日16時13分

米田武義

死に勝るいのちを得て(107)神は祈る前より私たちを知っておられる 米田武義

今私が自分のことで真剣に祈っていることは、抗がん剤が内臓や血液に再起不能なほどにダメージを与えてほしくないということである。こういうことを祈るということは、今の段階では、神様が目に見えるところのがんの陰影を完全に癒やしてくださったと信じているからである。

2017年02月16日14時43分

米田武義

死に勝るいのちを得て(106)何をどういうふうにしてもよいのか 米田武義

夕方TVを見ていたら、自分が非常に共鳴を覚えて読んだ本の著者が出演していた。私は引き付けられるように、その番組に見入った。しかし見るほどに、思ったほどではなかったので、何とはなしに落胆してきた。

2017年02月09日11時24分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング