成長し続ける教会の秘訣とは? 創立100周年、米ニューヨーク・ハーレムの教会の挑戦

成長し続ける教会の秘訣とは? 創立100周年、米ニューヨーク・ハーレムの教会の挑戦

米ニューヨーク・ハーレムにあるベテル・ゴスペル・アセンブリー教会は、昨年創立100周年を迎え、この1年間、数多くの記念行事を行った。教会員の高齢化などにより存続が危ぶまれる教会も多い中、ますます成長を続けてる。一体、その秘訣は何なのか。

2018年02月25日21時29分

現代世界と終末論(3)再臨に関して沈黙する理由とは 込堂一博

現代世界と終末論(3)再臨に関して沈黙する理由とは 込堂一博

世界の終末に向かって走り出している現代世界。それに対して、いつの頃からかキリスト教界は、終末論やキリストの再臨に対して沈黙するようになったように、個人的に感じられる。なぜなのか。私見であるが、幾つかの理由を考えてみた。

2018年02月25日20時10分

物語ることの素晴らしさを見事に描き切ったストップモーション・アニメの秀作 「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」

物語ることの素晴らしさを見事に描き切ったストップモーション・アニメの秀作 「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」

聖書の記述には、時々「え?」と思う箇所がある。特に「創世記」と「出エジプト記」のストーリーの荒唐無稽さは、他の聖書箇所から抜きん出ている。そんな箇所をどうやって人々に伝えるか。この映画は「聖書を物語る」ことに1つの示唆を与えてくれる。

2018年02月25日20時30分

「あなたの成長が教会成長のカギ」 ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2018、3月17日開催へ

「あなたの成長が教会成長のカギ」 ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2018、3月17日開催へ

「ワーシップ・ジャパン・カンファレンス2018」が3月17日、神の家族主イエス・キリスト教会で開かれる。主に最高の礼拝をささげるために、心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして主に仕えるクリスチャンたちが、力の限り主に賛美をささげ、共に学ぶ。

2018年02月24日19時33分

「宗教」の項目に新しく「ファンダメンタリズム」や「メガチャーチ」など追加 『アメリカ文化事典』

「宗教」の項目に新しく「ファンダメンタリズム」や「メガチャーチ」など追加 『アメリカ文化事典』

米国を初心者でも分かるように解説した事典があれば――。そんな願いから生まれたのが『アメリカ文化事典』である。本事典の特徴は、アメリカ学会が発足以来50年の節目を迎えたことを記念して編集されたということである。

2018年02月24日19時22分

救世軍、今年も「克己週間募金」を呼び掛け 海外との新たな協力も

救世軍は3月1日から15日まで、毎年恒例となっている「克己週間募金」を行い、海外支援や災害時の救援活動などのために寄付を呼び掛ける。克己週間募金は世界中の救世軍が行っているもので、日本では毎年3、4月に行われる。

2018年02月24日15時27分

「グレイテスト・ショーマン」が製作された現代米国事情とその神学的意義

「グレイテスト・ショーマン」が製作された現代米国事情とその神学的意義

見世物小屋のようなエンタテイメントが活況になってきた19世紀半ば、その背景にキリスト教が一枚噛んでいることも忘れてはならない。メソジスト派から派生したホーリネス運動がそれである。

2018年02月24日19時52分

日本カトリック司教協議会、天皇の退位・即位で政教分離原則の厳守を要望

現天皇が来年4月末で退位し、同5月に新天皇が即位することを受け、日本カトリック司教協議会は22日、関連する一連の行事において、政教分離原則(憲法第20条)を厳守し、国事行為と皇室祭祀(さいし)の区分を明確にすることを要望する文書を発表した。

2018年02月22日23時14分

ビリー・グラハム氏

「使徒パウロ以来の大伝道者」 ビリー・グラハム氏召天、各界から賛辞と惜しむ声

世紀の大伝道者ビリー・グラハム氏が21日朝、99歳で召天した。この知らせを受け、キリスト教界はもとより政界や財界など、各界からその偉業をたたえる声が寄せられるとともに、「使徒パウロ以来の大伝道者」がこの世を去ったとして、惜しむ声もある。

2018年02月22日20時50分

ビリー・グラハム氏

ビリー・グラハム氏召天、99歳 世界的伝道者

世界的伝道者として知られるビリー・グラハム氏が現地時間21日午前7時46分(日本時間同日午後9時46分)、米ノースカロライナ州モントリートの自宅で死去した。99歳だった。ビリー・グラハム伝道協会(BGEA)が同日発表した。

2018年02月22日1時50分

ボコ・ハラム, チボク, ナイジェリア

ボコ・ハラム、再び女子生徒を大量拉致か 76人救出、2人死亡の情報も

イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が19日夜、ナイジェリア北東部ヨベ州ダプチにある学校を襲撃し、多数の女性生徒の行方が分からなくなった。一方、ロイター通信によると、ナイジェリア軍は21日までに76人を救出し、2人の遺体を収容した。

2018年02月22日14時02分

第35回庭野平和賞、レバノンの「アディアン財団」に キリスト教徒とイスラム教徒が創設

第35回庭野平和賞、レバノンの「アディアン財団」に キリスト教徒とイスラム教徒が創設

庭野平和財団は19日、第35回庭野平和賞を中東レバノンのNGOである「アディアン財団」に贈ることを発表した。同財団は、キリスト教徒とイスラム教徒の5人によって創設された団体で、レバノン国内外で宗教的対立を超えた和解を目指す活動を行っている。

2018年02月21日23時41分

教会の尖塔をWiFi接続などに利用へ、英政府と国教会が合意

教会の尖塔をWiFi接続などに利用へ、英政府と国教会が合意

英政府と英国国教会は18日、ブロードバンドや携帯電話、WiFiの各地での接続性を高めるため、尖塔などの教会施設を利用することで合意したと明らかにした。英国国教会は、英国内の教会全体のおよそ65パーセントを占める。

2018年02月21日15時41分

教会もっと読む

根田祥一氏、言論破壊工作の「黒幕」であることが明らかに

本紙に対する言論破壊工作に関する数多くの情報が寄せられる中、本紙の記事を受け、日本基督教団統一原理問題全国連絡会に関わる齋藤篤牧師(同教団深沢教会)が同日、根田祥一氏(クリスチャン新聞編集顧問)と連絡会に関する新事実を明らかにした。

神学・教育もっと読む

キリスト教学校における「道徳教育」 第19回キリスト教学校伝道協議会5月開催へ

第19回キリスト教学校伝道協議会(伝道者・献身者奨励の会)が5月19日、東京神学大学(東京都三鷹市)で開催される。同大がキリスト教学校代表者たちの協力によって実施するもので、今回の主題は「キリスト教学校における『道徳教育』」。

宣教もっと読む

国際もっと読む

オープン・ドアーズ創設者夫人、コーネリアさん死去

宣教通信「アシスト・ニュース」によると、キリスト教迫害監視団体「オープン・ドアーズ」の創始者ブラザー・アンドリューの夫人コーネリア・バンデル・ビジル(愛称コリー)さんが1月23日、オランダで死去した。86歳。1931年3月生まれ。

社会もっと読む

カリタスジャパン、四旬節で「愛の献金」キャンペーン開始

カトリック系慈善団体のカリタスジャパンは、四旬節(レント)初日の「灰の水曜日」となった14日、毎年恒例の「四旬節 愛の献金」キャンペーンを開始した。日本カトリック司教協議会が教会の要請に応じる義務として制定した8つの献金の1つ。

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿