根田祥一氏、言論破壊工作の「黒幕」であることが明らかに

本紙に対する言論破壊工作に関する数多くの情報が寄せられる中、本紙の記事を受け、日本基督教団統一原理問題全国連絡会に関わる齋藤篤牧師(同教団深沢教会)が同日、根田祥一氏(クリスチャン新聞編集顧問)と連絡会に関する新事実を明らかにした。

2018年02月20日15時06分

上智大学

上智大学、「人間の安全保障研究所」を3月に開設

上智大学(東京都千代田区)は、3月1日に「人間の安全保障研究所」(所長:青木研・経済学部経済学科教授)を開設すると発表した。昨年11月に文部科学省が主導する私立大学研究ブランディング事業で、同大の事業が採択されたことに伴うもの。

2018年02月18日20時47分

震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」

震災7年、被災地のために祈り続けて 現地NPO副理事長「心から感謝」

東日本大震災発生から7年を迎えるのを1カ月前に控えた11日、第83回東日本大震災&熊本地震復興支援超教派一致祈祷会が、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で行われ、教職や信徒ら約50人が被災地のために祈りをささげた。

2018年02月17日21時46分

宗教指導者ら400人、宗教的寛容を求め「ワシントン宣言」に署名

宗教指導者ら400人、宗教的寛容を求め「ワシントン宣言」に署名

宗教指導者ら400人余りが7日、宗教的少数派や宗教的コミュニティーの周縁化に対する世界的保護を求める「ワシントン宣言」を発表した。宣言はワシントンで2日間にわたって開催された「共通の善のための善行同盟」の会議で出された。

2018年02月17日20時45分

関西学院大学

関西学院大学神学部、監理教神学大学と学生間交流で協定再締結

関西学院大学神学部は、韓国・監理教神学大学とより活発な学生間交流を実現させるために、部局間の協定を再締結した。両者は2006年に学術文化交流協定を締結していたが、再締結により2018年度からは交換留学などを推進するプログラムを展開していく。

2018年02月16日23時45分

イアン・コフィ氏「神へ明け渡すとき、使命が示される」 第53回大阪ケズィック

イアン・コフィ氏「神へ明け渡すとき、使命が示される」 第53回大阪ケズィック

第53回大阪ケズィック・コンベンションが14日、大阪リバーサイドホテルで開かれた。午前の集会では、教職信徒ら約470人が集まり、英ムーアランズ・カレッジ副校長のイアン・コフィ氏がエレミヤ書1章1~19節を本文に講演した。

2018年02月15日7時32分

中国

教会の献金は「違法」 中国の「家の教会」牧師2人に1億2千万円の罰金

中国の「家の教会」(政府非公認教会)の牧師2人が、教会の献金を違法に集めたとして、約700万元(約1億2千万円)の罰金を命じられた。両牧師は、集めた献金は教会のために用いたと説明したが、裁判所は2人の「違法な収入」と見なした。

2018年02月15日14時33分

カリタスジャパン、四旬節で「愛の献金」キャンペーン開始

カリタスジャパン、四旬節で「愛の献金」キャンペーン開始

カトリック系慈善団体のカリタスジャパンは、四旬節(レント)初日の「灰の水曜日」となった14日、毎年恒例の「四旬節 愛の献金」キャンペーンを開始した。日本カトリック司教協議会が教会の要請に応じる義務として制定した8つの献金の1つ。

2018年02月14日19時07分

カトリック那覇教区でバーント司教が叙階 国内で46年ぶりの外国人司教

カトリック那覇教区の安里教会(那覇市)で12日、米国籍のウェイン・フランシス・バーント司教(教区長)の叙階式が行われた。前任のべラルド押川壽夫(としお)司教の引退を受け、ローマ教皇フランシスコが昨年12月に新司教として任命していた。

2018年02月15日19時34分

救世軍、全国災害ボランティア支援団体ネットワークの正会員に

救世軍は1日、NPO法人「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク」(JVOAD)の正会員になったと発表した。JVOADは、災害発生時に支援者間の連携を促進し、支援の調節を行う団体。

2018年02月14日17時28分

米名門のブルックリン・タナバクル・クワイア、30枚目のアルバム「I Am Reminded」を4月リリース

米名門のブルックリン・タナバクル・クワイア、30枚目のアルバム「I Am Reminded」を4月リリース

米ニューヨークにあるブルックリン・タバナクル教会の名門クアイアチーム「ブルックリン・タバナクル・クアイア」が4月6日、30枚目のアルバム「I Am Reminded」をリリースする。

2018年02月13日18時31分

「沖縄の問題に目を向けて」 バプ連北関東地方連合社会委が「信教の自由を守る日」で集会

「沖縄の問題に目を向けて」 バプ連北関東地方連合社会委が「信教の自由を守る日」で集会

「信教の自由を守る日」(2月11日)に合わせ、日本バプテスト連盟北関東地方連合社会委員会は12日、ふじみ野バプテスト教会(埼玉県富士見市)で2・12集会「迷い出た一匹の羊を求めて 沖縄の問題に目を向けて」を開催した。

2018年02月12日23時50分

3月2日は世界祈祷日 今年のテーマは「すべて神の造られたものはとてもよい」

3月2日は世界祈祷日 今年のテーマは「すべて神の造られたものはとてもよい」

3月2日の世界祈祷日に合わせて、今年も北海道から沖縄まで全国70カ所以上で関連集会が開催される。日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会・世界祈祷日事務所は9日、開催地の情報をブログに掲載し、集会への参加を呼び掛けている。

2018年02月11日18時47分

教会もっと読む

根田祥一氏による「魔女狩り」騒動に関して

クリスチャン新聞(2月16日付)のコラム「落ち穂」で、本紙に対する記事が掲載された。本紙に対して何かあれば、紙面を通して問題提起をすればよく、それには本紙も紙面で応じる。そうすれば読者が真偽を見極めるだろう。

神学・教育もっと読む

宣教もっと読む

国際もっと読む

米国家朝餐祈祷会、100カ国以上から3千人超が参加 トランプ氏が演説

米国家朝餐祈祷会が8日朝、首都ワシントンで開催された。今年で66回目で、トランプ大統領は信仰の重要性を強調。「神の恵みに目を開き、神の愛に心を開く限り、米国は永遠に自由の地であり、勇者の故郷であり、すべての国々に対する光となる」と語った。

社会もっと読む

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿