トピックス 熊本地震  安保法制  イスラム国(IS)  同性愛  難民・移民問題  原発問題  

キリスト教学校の教師に託された使命とは? 第28回日本キリスト教教育学会 明治学院で開催

キリスト教学校に託された使命とは? 第28回日本キリスト教教育学会

日本キリスト教教育学会の第28回学会大会が24、25の両日、明治学院大学で開催された。大きく時代状況が変動する中、キリスト教教育の在り方と、教職者に託されている使命を新たに問い、現代の子どもたち、若者たちに対する理解を深め、課題を共有し、互いに学び合う時を持った。

2016年06月30日16時43分

筋痛性脳脊髄炎を知ってますか? 患者会が正しい理解と支援を呼び掛け 10月には国際シンポ

筋痛性脳脊髄炎を知ってますか?患者会が正しい理解と支援を呼び掛け 10月には国際シンポ

NPO法人「筋痛性脳脊髄炎の会」(通称・ME / CFSの会)の篠原三恵子理事長は、現在、国会請願署名活動や日本の重症患者の実態を描くドキュメンタリー映画の製作、今年10月に開催する国際シンポジウムの準備を進めており、広く支援を呼び掛けている。

2016年06月30日15時04分

中村哲医師が講演 「アフガンの歴史、決してひとごとではない」

中村哲医師が講演 「アフガニスタンの歴史、決してひとごとではない」

ペシャワール会医療サービス(PMS)総院長のクリスチャン医師、中村哲氏(69)が10日、練馬文化センターで講演を行った。テーマは、「アフガンからのメッセージ〜命をささえ、平和をつむぐ」。約1500人収容の大ホールは、中村氏の話を聞きに来た参加者でいっぱいになった。

2016年06月30日13時45分

カルトの脅威とメディアの役割 エクレシア会・和賀真也

カルトへの取り組みについて、第一に思うことは、カルトに関する情報をできるだけ世間に公開しておくことが大切だということである。理由は、信者になってしまった人々は、自分が誘われている組織が危険なカルト集団であるかないかについて、ほとんど知らなかったという事実である。

2016年06月30日17時55分

カンタベリー大主教「悪意ある人々がEU離脱を憎悪の口実にしている」

カンタベリー大主教「悪意ある人々がEU離脱を憎悪の口実にしている」

カンタベリー大主教ジャスティン・ウエルビーは29日夜、悪意のある人たちが、英国の欧州連合(EU)からの離脱を口実にして、憎悪を助長し、分裂を引き起こしていると語った。

2016年06月30日20時01分

キリスト教に改宗した9歳息子に父親が火付ける ウガンダ

キリスト教に改宗した9歳息子に父親が火を付ける ウガンダ

迫害関連の情報を発信しているニュースサイト「モーニング・スター・ニュース」によると、イスラム教からキリスト教に改宗したとして、ウガンダの父親が9歳の息子を木にしばり、火を付けたという。

2016年06月30日17時37分

「世界難民の日」に合わせ 支援団体が集まり「なんみんフォーラム」開催 難民・支援者の交流の場に

「世界難民の日」に合わせ 支援団体が集まり「なんみんフォーラム」開催 難民・支援者の交流の場に

6月20日の「世界難民の日」に合わせ、日本福音ルーテル社団(東京都渋谷区)で22日、「なんみんフォーラム オープンデー2016」が開催された。難民支援団体のブースが多数展開され、各団体の活動紹介、難民問題についての自由な情報交換の時間が持たれた。

2016年06月29日18時45分

オバマ氏演説:宗教哲学からどう読むか?「死者の声」を代弁してはならない 南山大学佐藤啓介准教授(1)

オバマ氏演説:宗教哲学からどう読むか?「死者の声」を代弁してはならない 南山大学佐藤啓介准教授(1)

オバマ米大統領の広島でのスピーチを、宗教哲学の研究者はどう聞いたのか。カトリックの南山大学で「死者の記憶」という概念に注目して論考を重ねる宗教哲学研究者の佐藤啓介准教授に話を聞いた。

2016年06月29日11時51分

クリスチャンとEU離脱:神は英国にEUを去れと命じたのか?

クリスチャンとEU離脱:神は英国にEUを去れと命じたのか?

キリストへの信仰を告白する人の58パーセントが、EU離脱に賛成の票を投じた。これは、英国全体の離脱賛成が52パーセントだったことと比べると、数値が高いことを示している。この数字は、7割が残留に投票したイスラム教徒やヒンズー教徒の有権者と比較すると、より鮮明になる。

2016年06月29日19時41分

世界初「意識」持つAI搭載女性ロボットの名は「エヴァ」そして裏テーマは創世記!? 「エクス・マキナ」

世界初「意識」持つAI搭載女性ロボットの名は「エヴァ」そして裏テーマは創世記!? 「エクス・マキナ」

「エクス・マキナ」は、“AIが知能と感情、自我を持つことはどのようなことなのか?”をテーマにしているという点で、非常にタイムリーな作品だ。しかし、同時にその裏テーマとして旧約聖書の創世記の物語があることを、この作品を見ている人は気付くだろう。

2016年06月29日20時44分

世界の正教会指導者ら、中東のキリスト教徒の支援を嘆願

世界の正教会指導者ら、中東のキリスト教徒の支援を嘆願

ギリシャのクレタ島で約1週間にわたって開催された正教会聖大会議の最後に、世界中から集まった正教会の総主教、主教らは、「宗教という油は傷を癒やすために使われなければならない。軍事衝突を再び燃え上がらせるためであってはならない」と語った。

2016年06月29日13時23分

教会もっと読む

神学・教育もっと読む

日本女子大創設者・成瀬仁蔵の新史料、シカゴ大で発見 明治学院大で研究発表

明治学院大学キリスト教研究所は23日、宣教師研究プロジェクト公開研究会を開催した。北陸学院大学教授の辻直人氏が、今年3月に発見されたばかりの成瀬仁蔵(1858~1919)に関する新史料を用いて、成瀬仁蔵の帰一思想についての研究発表を行った。

宣教もっと読む

キリスト教葬儀から日本宣教を考える「ライフワークス社」

今年で創立10周年を迎えた「株式会社 創世 ライフワークス社」。キリスト教の葬儀を専門とする葬儀会社だ。「私たちは、いわゆる『葬儀屋』ではない。葬儀を通して、神様の栄光を現す葬儀を目指す『フューネラルミニストリー』だと思い、仕えている」と同社のスタッフは話す。

国際もっと読む

「イエスの墓」の修復に1億3千万円寄付 米財団

イエス・キリストのものとされている墓を修復する、議論の多いプロジェクトが、大きな支援を受けることになった。ワールド・モニュメント財団(WMF、本部:米ニューヨーク)が21日、修復作業のために130万ドル(約1億3千万円)を寄付すると発表したのだ。

社会もっと読む

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

最新のコメント

最新のイベント