死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(110)人は奇跡を奇跡と思わない 米田武義

2017年3月9日11時40分 コラムニスト : 米田武義 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:米田武義

人は奇蹟を奇蹟と思わない

昨年の今頃は、腸の手術を終えてぼつぼつ退院という頃であった。退院はしても、肝臓の方は一体どうなるのだろうかと、先のことは全く未知数であった。

病院の先生も悲観的な見方しかしていなかったし、正直今日のように一応「目に見えるところは良くなった」という状態になるとは想像すらしなかった。昨年の今頃、今日の状態になると言われたら、信じられなかっただろうと思う。それほどの飛躍があった。私には奇跡のように思える。

奇跡のように思えたというのが正直な心かもしれない。徐々に進展してきて、好結果に結び付いたので、何となく自然に、科学的に成立したという感じも強い。昨年の今頃から一足跳びに今日に至ったのなら、奇跡という感じが強いと思うが・・・。

しかし、科学的に何となく納得いくということは、何となく奇跡ではないということにもなる。科学的証明と奇跡とは、相入れないのが今日レベルの科学であるからである。

神が奇跡を人間の前で見せれば、何もイエス・キリストの十字架上でのややこしい復活の奇跡など見せなくても済むことではないかと、以前私は考えたことがあった。

しかし、私は今自分自身が振り返ってみて、その方法は良くないと思っている。奇跡を示されても、人間は奇跡を奇跡と信じない。奇跡が神の御手のうちに行われたものということを信じない。人間は根本的に、これほど頑固に神から離れてしまい、自分勝手に生きているのである。

ややこしく、一見煩わしく見える十字架上のキリストの死と復活が、私たちが自主的に神様を選び取る最上の方法である。

「たといだれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない」(ルカ16:31)

神の奇跡すら自分の思う通りにねじ曲げて考える人間は、外からの力でなく、内よりの力によらねば改まらない。

<<前回へ     次回へ>>

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

【米田武義著書】(Amazon)
【米田武義著書】(イーグレープ)

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:米田武義

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング