なにゆえキリストの道なのか(144)短いこの世の人生を最大限に楽しく生きればいい? 正木弥

2018年5月26日08時41分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

永遠を求めても不可能なことだ。短いこの世の人生を最大限に楽しく生きればいいんだ。

人の肉体の命は70年か80年(最近は90年になっているかもしれませんが)。しかし、“死後”はずっと続くものですから、そういう意味で永遠であるということです。死後は“無”(何もない)という人にとっては永遠でないという余地もありますが、それは議論だけのことで、実際には大半の人が、霊魂が何らかの状態で存続していると考えているようですね。葬式の弔辞で「天国で安らかに眠ってください」と呼び掛けたり、多くの家で長期間霊魂の供養をしたりしておりますが、それは霊魂の存続を前提にした習俗ではありませんか。

とにかく、この世の年数は限られていますが、死後の年月は長く長く続きますから、永遠と呼んで不当ではありません。その永遠がどんなものか、世間一般の人は“分からない”というのが偽らざる答えでしょう。少なくとも、楽しいものでないことは何やら察しているようです。だから、今のうちに(この世の命があるうちに)精々楽しんでおこうと考えるのではないでしょうか。「明日は死ぬんだ。さあ、飲み食いしようではないか」というヤケ気味で享楽的な生き方になるのです。そこからは、希望も建設的な生き方も出てきません。

ところが、このような人間の生を救うために、キリストの神が来て言われました。「父(なる神)のみこころは、子(キリスト)を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたし(キリスト)はその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます」(ヨハネ6:40)

死ぬことは、いったん死んでも無に帰するのではなく、また、死んだままにしておくのでもなく、終わりの日によみがえらせてくださる、永遠の命を持つようにしてくださるというわけです。ただし、これは子(キリスト)を信じることが前提です。永遠は不可能だとハナから諦める必要はありません。キリストを信じさえするなら、永遠の命が与えられるのです。

その永遠は、楽しさや喜びに満ちあふれるところ、死や苦しみといった厭(いと)わしいものが一切ないところです。途中、パラダイスで待ち合わせの時がありますが、最終的な行き先、落ち着き先がそこ。明るい、希望に満ち、生きがいと喜びに満ち、まさに永遠に命が満ちている所なんです。

この世の短い間をはかない享楽で精いっぱい楽しく過ごすために、永遠の時の、永遠の命を棄ててしまうのはもったいないじゃないですか。これが絶対にないと決めつける証拠はありません。うそか真か、信じてみてはどうですか。信じて損をすることは何もない、逆に、あればしめたものじゃないですか。聖書の約束、キリストの神の言葉の方に懸けてみる方が賢明ですよ。

マラソンの中継番組をテレビで見てごらんなさい。苦しくても、ゴールを目指して走り続けるでしょう。行き先をはっきり見ている人はダレることがありません。まして、その行き先が、楽しくて栄誉に満ちたものであれば、一生懸命走り通せるのです。それを絵画的に言うと、

♪(キリストの)黒い瞳が待つよ、あの森 越せば
走れトロイカ  今宵は楽しい 宴(うたげ)♫

あの森さえ越せば楽しい宴(うたげ)が待っているのです。今、楽しくなくても、今、吹雪の中でも、走り続けようではありませんか。

人がどう生きようと「すべて死んでしまって終わり」では良く生きる意味がありません。「キリストを信じるなら(この世ではともかく)永遠に続く世で必ず良く報われる。悪く生きるなら、結局は必ず悪く報われる」。これが神の公義であり、世界の大原則です。

これによって、この世の人生の不平等も、またこの世の人生の不条理も、この世の人生の運・不運も、またこの世の人生の不満足も、よい解決を与えられるのです。すっきりと納得のいく人生、大満足の人生となるのです。聖書はこのことを固く約束しています。

神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。(ヘブル11:6)

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング