なにゆえキリストの道なのか

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(105)人はみな罪人、それがどうして問題になるのか 正木弥

既述のとおり、人はみな罪人です。行いとなって表に現れるかどうかは別として、少なくとも内心は罪に満ちております。他者がそれに気付くかどうかは別として、内心は罪で溢れています。あなたも私も、彼も彼女も同じです。

2017年08月19日6時06分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(104)原罪と罪とはどう違うのか 正木弥

原罪とは、人類の始祖(アダムとエバ)が犯した罪が、子孫であるすべての人間に及んでいるとの教理です。その聖書上の根拠は、ローマ人への手紙5:12ですが、簡単明瞭というわけではありません。

2017年08月12日6時56分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(103)なぜ私たちまで罪人になったのか 正木弥

私たち人類はそろいもそろって罪人であるという現実があります。情けないほどに罪にとらわれてしまいます。そして、その罪が人を不幸にしております。どうしてそうなったのか。

2017年08月05日15時39分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(102)赤ちゃんも罪人ということか 正木弥

赤ちゃんに意図的罪はなさそうです。しかし、わがままであることは事実です。お腹がすけば、ところかまわず泣き叫びますし、隣の赤ちゃんが持っている物を強引に取りにいきます。エゴの丸出しです。

2017年07月29日7時38分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(101)私は悪いことをしてないのに、なぜ罪人扱いされるのか 正木弥

もしあなたが言動や態度において仮に完全であったとしても、自分の造り主であり、親ともいうべき方である神を認めないなら、あるいは無視しているなら、(人はいざ知らず)神はその人は罪人だとされるのです。

2017年07月22日6時02分

なにゆえキリストの道なのか(100)罪をあまり意識しない。そのメカニズムはどうなのか 正木弥

なにゆえキリストの道なのか(100)罪をあまり意識しない、そのメカニズムはどうなのか 正木弥

ほとんどの人はあなたと同じで、(何か具体的な罪にとらわれている場合は別として)罪一般をはっきりとは意識しないでしょう。人は、人々の中で、他の人間と比較しながら自分を見ています。外側に現れる部分ばかりを見て、自分の中を鋭く見つめることができていません。

2017年07月15日6時16分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(99)罪とは何か、罪があればどうしたというのか 正木弥

神は天と地とその中に満ちるすべての物(被造物)をお造りになりました。人もそうです。人も神によって造られた存在です。ひとりでにできたとか、偶然の積み重ねによって自然にできたのではありません。

2017年07月08日7時44分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(98)神は悪人をも愛するのか 正木弥

もちろん、神は悪人をも愛しています。今は悪人となっている人も、そもそもは神が造った存在ですから。その悪人がそのまま悔い改めることなく滅びることがないように、願っておられます。

2017年07月01日7時57分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(97)神はなぜ人を完全なものにお造りにならなかったのか 正木弥

人は誰も神の前で罪を犯す。悲しいくらいに罪にとらわれてしまう。それがなければどんなに幸せなことだろう。このような悲しい現実を前にして、抗議めいた気持ちになる場合があることはよく理解できます。

2017年06月24日7時24分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(96)人間が神のかたちに造られたとはどういうことなのか 正木弥

神は霊ですから、手とか足とか、目に見える形態(figure)があるわけではありません。神の属性としての人格性があり、それをかたち(image)といいます。人格とは、人柄がいいという意味ではありません。

2017年06月17日16時51分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(95)輪廻がないとどうして知ることができるか 正木弥

転生輪廻(サンサーラ)は、インドのバラモン教の思想です。釈迦は、この転生輪廻の思想と宿命観を超越し「私は輪廻を解脱した。もう何にもどこにも生まれ変わらない。私は後有(ごう)を受けず」と主張し、一切の宿命的な考えから解脱せよ、と教えました。

2017年06月10日6時48分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(94)死んでしまう人生に意味はあるのか 正木弥

人生の捉え方に3つあります。(1)人生は出生に始まり、死(肉体の死)で終わる。死は終着点であり、それから先は何もない。死後は無である。このように考える人にとっては、人生は意味がない。

2017年06月03日7時29分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(93)人はどうして年齢を重ねると死んでしまうのか 正木弥

誰しも「死なずにずっと生き続けられたら、どんなにいいだろう」と思うでしょう。とにかく、人間は死んで行かなければなりません。死の原因としていろいろな病気があげられますが、ほかに“老衰”もあります。

2017年05月27日12時30分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(92)人はそもそも何のために造られたのか 正木弥

神が人をお造りになったのは、当然神のためでした。広い意味で、神のために意義ある存在(役に立つ存在)を造ろうとされたのです。究極のところ、人の何かのために人をお造りになったのではありません。

2017年05月21日15時48分

正木弥

なにゆえキリストの道なのか(91)人生の目的は何か 正木弥

人生に目的はない、人生でなすべきことなど何もない、という人がいます。そう考えることは結構ですが、その人には人生は無意味です。

2017年05月14日7時27分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング