なにゆえキリストの道なのか(139)つらいことがあっても、うまく紛らせて生きたらいい? 正木弥

2018年4月21日09時24分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

苦しいこと、つらいことがあっても、神など考えずに、うまく紛らせて生きたらそれでいいではないか。

いや~、その通り。ほとんどの人はその通り生きています。苦しみがない人はいませんから、多くの人が紛らし・気晴らしに生きています。それが人生である、といった誤まった生き方すらあるようです。しかし、気晴らし・紛らしはその人に問題点を見させないようにしてしまうのです。

パスカルは『パンセ』の中で語っています。「悲惨。・・・我々の悲惨を慰めてくれる唯一のものは気晴らしである。とはいえ、それこそ、我々の悲惨のうちで最大の悲惨である。なぜなら、それが我々に自己自身のことを考えさせないようにさせ、我々を知らず知らずのうちに滅びに至らせるからである。・・・気晴らしは我々を楽しませ、知らず知らずのうちに我々を死に至らせる」

苦しいこと、つらいことは、神が人に問題を提起して、その生き方や言動に警告を与え、少なくとも、十分に向き合って考えるよう契機を与えているのです。そのことに気付かず、深く掘り下げて考えることをしないようにしてしまうのが気晴らしであって、せっかくの機会を棒に振ってしまう“もったいない生き方”であるといえましょう。

もし、苦しいこと、つらいことがあったとき、それから目を離さず、人生における悲惨さとその背後にあるこの世の人生の意味を掘り返すなら、人の存在意味や目的、永遠的なもの(すなわちキリストとその福音)に思い至ることもあるのではないでしょうか。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング