トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

社会

誰もがなる可能性のある依存症を克服するためには ティーンチャレンジ・ジャパンの設立者・木崎智之氏の特別講演会

依存症は誰もがなる可能性がある ティーンチャレンジ・ジャパンの設立者・木崎智之氏の特別講演会

聖書を基盤とした依存症更生施設「ティーンチャレンジ・インターナショナル・ジャパン」の創設者、木崎智之牧師を講師に迎え、「依存症についての特別講演会」が8日、栗橋文化会館イリスの視聴覚室(埼玉県久喜市)で開催された。

2017年07月27日8時58分

元捕虜の父親に育てられて ルツ・ダブソンさん

元捕虜の父親に育てられて ルツ・ダブソンさん

第二次世界大戦中の連合軍元捕虜と日本人の和解を支援する「アガペワールド」代表のホームズ恵子さんらと共に英国から来日中のルツ・ダブソンさん。ルツさんの父親は、ジャワ島で日本軍と捕虜の通訳をしていた。

2017年07月26日4時33分

ゼノさんと北原怜子(きたはらさとこ)さん アリの街写真資料展

「ゼノさんと北原怜子さんとアリの街写真資料展」開催

ポーランド人修道士のゼノ・ゼブロフスキー(通称:ゼノさん)とカトリック信者の北原怜子(さとこ)さんの献身的な働きを紹介する「ゼノさんと北原怜子さんとアリの街写真資料展」が、東京都台東区の台東地区センター・いきいきプラザで開催中だ。

2017年07月22日8時15分

【寄稿】第2次九州北部ボランティア報告2017年7月16日(日)~19日(水) 神戸国際支縁機構会長 岩村義雄

【寄稿】第2次九州北部ボランティア報告(7月16~19日) 神戸国際支縁機構会長・岩村義雄

神戸国際支縁機構会長岩村義雄は、集中豪雨で膨大な被害を被った朝倉市で7月16日〜19日に掛けて2回目のボランティアを行った。

2017年07月22日8時08分

元日本軍捕虜と日本人の和解を通して本当の癒やしを ホームズ恵子さんに聞く

元日本軍捕虜と日本人の和解を通して本当の癒やしを ホームズ恵子さんに聞く

第二次世界大戦下、日本軍の捕虜となった英米など連合軍の元兵士と日本人の間に和解をもたらす働きをしている支援団体「アガペワールド」。その代表を務める英国在住のホームズ恵子さんと元捕虜の家族らが来日し、全国の教会で「和解の礼拝」を行っている。

2017年07月21日15時58分

九州北部豪雨被災地へのボランティアのための宿泊所を開設 カトリック福岡教区が19日より受付開始

九州豪雨ボランティアの宿泊所を開設 カトリック福岡教区が受付開始

カトリック福岡教区は19日、九州北部豪雨災害の対応として、カトリック本郷教会(福岡県三井郡大刀洗町)の信徒会館ホールに「被災地ボランティア本郷宿泊所」を開設すると発表し、宿泊の申込受付を開始した。開設期間は7月21日から10月末までの予定。

2017年07月20日17時50分

「豪雨被害と震災被害双方の支援を」 九州キリスト災害支援センターの中村ディレクター

「豪雨被害と震災被害双方の支援を」 九州キリスト災害支援センターの中村ディレクター

九州北部を襲った豪雨から2週間がたとうとしている。九州キリスト災害支援センター(九キ災)では、昨年起きた熊本震災の支援を継続しながら、豪雨で被災した地域への支援活動も始めている。

2017年07月18日14時20分

日野原重明さん召天 牧師の子として生まれ、母の命を救った医師との出会いで医学の道へ

日野原重明さん召天 牧師の子として生まれ、母の命を救った医師との出会いで医学の道へ

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが18日午前6時33分、呼吸不全で召天した。105歳。通夜は関係者で行い、告別式は病院葬としてキリスト教式により、今月29日午後1時から東京都の青山葬儀所で行われる。

2017年07月18日13時10分

「犯罪のない社会をつくる」 依存症回復施設を目指す23歳 金井駿さん

「犯罪のない社会をつくる」 依存症回復施設を目指す23歳 金井駿さん

「犯罪のない社会をつくる」という大きなビジョンを掲げて立ち上がった23歳の若きキリスト者がいる。金井駿(しゅん)さん。依存症に苦しむ人々のための更生施設をこの秋に始めるため、金井さんはクラウドファウンディングに挑戦中だ。

2017年07月17日6時31分

死刑囚2人の死刑執行 加害者・被害者遺族・牧師の立場から死刑制度を考える

死刑囚2人の死刑執行 加害者・被害者遺族・牧師の立場から死刑制度を考える

法務省は13日、西川正勝死刑囚(61)と住田紘一死刑囚(34)の死刑を執行した。今回、本紙では、殺人事件加害者、被害者、牧会者それぞれに話を聞くことができた。

2017年07月16日5時54分

九州豪雨ボランティアに参加して

【寄稿】九州豪雨ボランティアに参加して 神戸国際支縁機構会長・岩村義雄

記録的な豪雨に見舞われた九州北部。朝倉市役所からの依頼を受け、現地の朝倉市立杷木(はき)中学校でいち早く炊き出しを実施し、神戸国際支縁機構会長の岩村義雄氏が災害ボランティアについての思いをつづった。

2017年07月14日21時48分

九州豪雨ボランティアの受け入れを九州キリスト災害支援センターが開始

九州キリスト災害支援センター、九州豪雨ボランティアの受け入れを開始

記録的な豪雨被害を受けた福岡県朝倉市、大分県日田市を中心に支援活動を行う九州キリスト災害支援センター(九キ災)が、あす15日から始まる三連休を前に、ボランティアの受け入れを開始した。

2017年07月14日21時37分

キングス・ガーデン東京新理事長に中島秀一氏、泉田昭氏は名誉会長に

社会福祉法人キングス・ガーデン東京の新理事長に、中島秀一氏(日本イエス・キリスト教団荻窪栄光教会牧師)が選出された。21年にわたって理事長を務めてきた泉田昭氏(日本バプテスト教会連合練馬バプテスト教会名誉牧師)は、名誉会長に就任した。

2017年07月12日16時58分

九州豪雨 九州キリスト災害支援センターと神戸国際支縁機構からの報告

九州豪雨:神戸国際支縁機構が朝倉市に入り炊き出し

神戸国際支縁機構は朝倉市役所からの依頼を受け、7日夕方に朝倉市立杷木(はき)中学校で炊き出しを実施。支援機構の会長で神戸国際キリスト教会牧師の岩村義雄さんから現地の状況報告が届けられた。

2017年07月08日16時56分

九州キリスト災害支援センターから続報 九州豪雨の被害支援は行政と連携しながら

九州キリスト災害支援センターから続報 九州豪雨の被害支援は行政と連携しながら

記録的な豪雨に見舞われた九州北部では、現在もなお不安定な天候が続いている。支援に当たる九州キリスト災害支援センター(九キ災)に現地の様子を聞いた。九キ災では6日、久留米ベテル教会(福岡県久留米市)に支援拠点を置き、活動を開始した。

2017年07月07日17時21分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング