トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

社会

日本語・韓国語に続いて英語やドイツ語でも発表 日本カトリック司教団メッセージ「原子力発電の撤廃を」

日本語・韓国語に続いて英語やドイツ語でも発表 日本カトリック司教団メッセージ「原子力発電の撤廃を」

日本カトリック正義と平和協議会は、日本カトリック司教団が世界に向けて発表した「地球という共通の家に暮らすすべての人へ原子力発電の撤廃を―福島原子力発電所事故から5年半後の日本カトリック教会からの提言―」の英語版とドイツ語版ができたと発表した。

2016年11月26日23時02分

TPPは「極端な格差をもたらす」「信者として何ができるのか考えて」山田元農水相、阻止を訴え

TPPは「極端な格差をもたらす」「信者として何ができるのか考えて」山田元農水相、阻止を訴え

「僕はカトリックなんだ」と、穏やかな語り口で本紙に語り始めた、元農林水産大臣で弁護士の山田正彦氏。24日昼、雪が降る寒い参議院議員会館前で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の批准に反対する座り込み抗議行動に参加した後のことだ。

2016年11月25日1時02分

日本カトリック正義と平和協議会 自衛隊南スーダン派遣に関する要望書を提出 紛争解決・和解実現・撤退求め

日本カトリック正義と平和協議会 自衛隊南スーダン派遣に関する要望書を提出 紛争解決・和解実現・撤退求め

日本カトリック正義と平和協議会は21日、安倍晋三内閣総理大臣、稲田朋美防衛大臣に宛て、自衛隊南スーダン派遣に関する要望書を提出した。

2016年11月21日12時07分

後藤健二さんの思いをつづる著書出版へ 映像ジャーナリスト・栗本一紀さん

後藤健二さんの思いをつづる著書出版へ 映像ジャーナリスト・栗本一紀さん

2015年1月20日。あの日から間もなく2年が過ぎようとしている。後藤健二さんが身をもって伝えたかった世界平和への思いは、彼を慕い、愛した友人たちの手によって、今も語り継がれている。映像ジャーナリストの栗本一紀さんもその1人だ。

2016年11月17日21時40分

日本カトリック司教団、世界に向けてメッセージ「原子力発電の撤廃を」を発表 福島原発事故から5年半

日本カトリック司教団、世界に向けてメッセージ「原子力発電の撤廃を」発表 福島原発事故から5年半

日本カトリック司教団は11日、「地球という共通の家に暮らすすべての人へ」宛てたメッセージ「原子力発電の撤廃を」を公式サイトで発表した。「福島原子力発電所事故から5年半後の日本カトリック教会からの提言」という副題が付いている。

2016年11月15日16時27分

神戸国際支縁機構、ベトナムの水害被災地にボランティア派遣 救援募金も受付中

神戸国際支縁機構、ベトナムの水害被災地にボランティア派遣 救援募金も受付中

10月15、16日の集中豪雨によって発生した洪水と、続けて同月20日の台風「サリカ」の被害を受けたベトナムの水害区域に、神戸国際支縁機構(KISO)が13日から第1次ボランティアを派遣する。

2016年11月12日23時40分

在日米国人に聞く米大統領選 トランプに賛成しクリントンに反対した理由

在日米国人に聞く米大統領選 トランプに賛成しクリントンに反対した理由

ヒラリー・クリントン候補の優勢が伝えられていた投票前とは一転、開票速報が更新されるたびに、ドナルド・トランプ候補の猛攻が報じられた米大統領選。日本に住む米国人たちはどのように見たのだろうか。在日米国人宣教師のリンダ・カーナーさんに話を聞いた。

2016年11月10日17時25分

この人に聞く(18)日航機事故から31年目の夏② 中埜肇・阪神タイガース元球団社長の次男・中埜克さん

この人に聞く(18)日航機事故から31年目の夏② 中埜肇・阪神タイガース元球団社長の次男・中埜克さん

著者は、御巣鷹の尾根で出会った中埜肇(なかの・はじむ)さんの十字架。その十字架を追って神戸の地へ飛んだ。日本航空(JAL)123便の事故で亡くなった肇さんは、阪神電鉄専務取締役鉄道事業本部長を務め、1984年に阪神タイガースの球団社長に就任した。

2016年11月10日15時50分

この人に聞く(18)日航機事故から31年目の夏① 御巣鷹の尾根に立つ1本の十字架

この人に聞く(18)日航機事故から31年目の夏① 御巣鷹の尾根に立つ1本の十字架

8月9日、群馬県上野村へ向かった。四方を美しい山々に囲まれたこの村は、名物の鮎(あゆ)の友釣りを楽しむ人でにぎわっていた。31年前の夏、この村が一瞬にして航空機事故の凄惨(せいさん)な現場となるとは誰も予想しなかったはずだ。この事故を振り返る。

2016年11月10日15時49分

永遠瑠マリールイズさん ルワンダの内戦を生き抜いて(2)

永遠瑠マリールイズさん ルワンダの内戦を生き抜いて(2)

シリアで殺害された後藤健二さんの通訳も務めたことがあるマリールイズさんは、本紙のインタビューの中で、彼の死を悼んだ。「本当に悲しい。ルワンダで『ジャーナリズム』の授業をしてくれると話していた矢先だったのですよ」

2016年11月07日12時14分

永遠瑠マリールイズさん ルワンダの内戦を生き抜いて(1)

永遠瑠マリールイズさん ルワンダの内戦を生き抜いて(1)

22年前に起きたルワンダ大虐殺を生き抜き、現在は日本に帰化したルワンダ人女性、永遠瑠(とわり)マリールイズさんが3日、横浜YMCAで講演を行った。漢字の名前を付けるに当たり、「永遠にルワンダを忘れない」という意味を込めて「永遠瑠」としたという。

2016年11月07日12時13分

現代社会の「食の支援」を考える 教会でフォーラム開催

現代社会の「食の支援」を考える 教会でフォーラム開催

「明日の食を考えるフードセーフティーネットフォーラム」が10月27日、日本キリスト教会柏木教会で開催された。「食の支援を始めるにはどうしたらよいか?」をテーマに、民間、行政、宗教など各方面で活動する団体が報告。食の支援に何が必要かを、参加者約50人と共に考えた。

2016年11月04日11時35分

「世界で一番遠い距離を克服してください」 全国21カ所で世界食料デー大会開催

「世界で一番遠い距離を克服してください」 全国21カ所で世界食料デー大会開催

日本国際飢餓対策機構(JIFH、大阪府八尾市)は、世界の食料問題を考える日として国連が制定した10月16日の「世界食料デー」に合わせて、10月、地元で組織された実行委員会と共に、東北から沖縄まで全国21カ所で「世界食料デー大会」を開催した。

2016年11月01日17時15分

立教大でピエール・コネサ氏が講演 「ISの戦争と西欧有志国の軍事介入の結末」

立教大でピエール・コネサ氏が講演 「ISの戦争と西欧有志国の軍事介入の結末」

立教大学(東京都豊島区)は14日、歴史家で国際政治学者のピエール・コネサ氏を招いての公開講演会「『イスラム国』(IS)の戦争と西欧有志国の軍事介入の結末」(同大文学部文学科フランス文学専修主催)を同大の池袋キャンパスで開催した。

2016年10月31日18時17分

鳥取地震ルポ:震度6弱で被害受けた倉吉市の現状、災害ボランティア求める現場の声

鳥取地震ルポ:震度6弱で被害受けた倉吉市の現状、災害ボランティア求める現場の声

21日午後2時7分、鳥取県を中心に地震が発生した。東日本大震災、熊本地震に続き、日本は世界的な地震大国であるが、今回の被害がどれほどのものか、現地では何が起きているのか。テレビなどでは伝わりにくい「被災者の声」を現場で聞くことができた。

2016年10月31日11時55分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング