トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

社会

新座・東久留米・清瀬教会防災ネットワーク主催「第3回防災講演会」佐藤彰牧師が講演

新座・東久留米・清瀬教会防災ネットワーク主催「第3回防災講演会」佐藤彰牧師が講演

教会防災ネットワークNHK(N=新座市・H=東久留米市・K=清瀬市)が主催する「第3回防災講演会」が8月29日、東京都東久留米市のクリスチャンアカデミー・イン・ジャパン(CAJ)講堂で行われた。

2016年09月08日12時59分

教会でわいせつ行為をした疑い 日本聖公会のフィリピン国籍の牧師を逮捕 岐阜県可児市

岐阜県警は、教会でわいせつ行為を行ったとして3日、フィリピン国籍で牧師のゴロカン・ジュールス・ガルビン容疑者(50、岐阜県可児市)を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。同容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

2016年09月03日19時36分

「『少女』の人生の傷はこれでは癒されない」NCC議長が慰安婦問題で談話を発表

「『少女』の人生の傷はこれでは癒されない」NCC議長が慰安婦問題で談話を発表

日本キリスト教協議会(NCC)は31日、小橋孝一議長の名で、慰安婦問題について「『少女』の人生の傷はこれでは癒されない」と題する談話を発表した。

2016年08月31日17時11分

高畑裕太容疑者の事件を語る「2度と性犯罪被害者を出さないために」キャサリン・ジェーンさん

高畑裕太容疑者の事件を語る「2度と性犯罪被害者を出さないために」キャサリン・ジェーンさん

世間を騒がしている高畑裕太容疑者の性犯罪事件。事件の報道を受け、2002年に横須賀市内で米兵にレイプをされたオーストラリア出身、日本在住のキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんが本紙の取材に答えた。

2016年08月30日23時33分

日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 高地敬主教インタビュー(2)

京都教区ホームページで京都事件についての経過報告などが掲載されていますが、2009年までの経緯で止まってしまっていて、その後更新されていません。昨年の「謝罪」や「謝罪に添えて」という文書も全く掲載されていませんが、それはなぜでしょうか?

2016年08月26日19時02分

日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 高地敬主教インタビュー(1)

日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 高地敬主教インタビュー(1)

1980年代に日本聖公会京都教区の牧師が複数の女性や子どもに性的虐待を行っていた「京都事件」の対応と責任をめぐり、同教区の高地敬主教に対して、同教区常置委員会から5月6日付で「辞職勧告」が提出された。この件につき、高地主教が約2時間半にわたり取材に応じた。

2016年08月26日19時01分

神戸国際支縁機構、イタリア中部地震の緊急救援募金受け付け開始

神戸国際支縁機構、イタリア中部地震の緊急救援募金受け付け開始

24日未明、イタリア・ラツィオ州北東を震源として起きたマグニチュード6・2の地震により、震源地周辺で多くの死傷者・行方不明者、建造物への被害が報告されていることを受けて、神戸国際支縁機構(KISO)は24日、緊急救援募金の受け付けを開始した。

2016年08月25日20時12分

31日まで カトリック東京教区正義と平和委員会「辺野古・高江 基地建設反対すわりこみ応援団」募集

沖縄の辺野古と高江で進められている米軍基地の建設に反対して、10月3日から6日まで4日間にわたり「辺野古・高江 基地建設反対すわりこみ応援団」を送ろうと、カトリック東京教区正義と平和委員会はその参加者を募集している。

2016年08月25日14時14分

11のキリスト教団体、25日に狭山事件の再審を求め東京でデモ行進へ

日本基督教団部落解放センターなど11のキリスト教団体が、東京高裁の判断を前に狭山事件の再審を求めようと、25日午後2時20分から、東京の日比谷公園霞門(千代田区)から同教団霊南坂教会(港区)までデモ行進を行う。

2016年08月24日22時51分

この人に聞く(17)「クリスチャンは地の塩、世の光」社団法人中華基督教救助協会副秘書長・鄭夙珺氏

この人に聞く(17)「クリスチャンは地の塩、世の光」社団法人中華基督教救助協会副秘書長・鄭夙珺氏

今回は創設以来20年にわたり台湾でキリスト教主義の社会福祉事業に取り組み、フードバンクや貧困家庭への支援、災害支援活動で大きな実績を上げている社団法人中華基督教救助協会(台湾・CCRA)を訪問し、副秘書長の鄭夙珺(英名:グレイス・チェン)氏に話を聞いた。

2016年08月21日20時57分

日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 牧師による性的虐待事件「京都事件」の現在に至るまでの経緯(2)

昨年5月発表された「謝罪」「謝罪に添えて」の全文は以下の通り。

2016年08月20日22時20分

日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 牧師による性的虐待事件「京都事件」の現在に至るまでの経緯(1)

「京都事件」をめぐっては、最高裁の判決が確定してから10年以上たっても、京都教区の対応と責任をめぐって日本聖公会の中で疑問の声が上がっており、昨年5月には同教区常置委員会の名前で「謝罪」「謝罪に添えて」という文書が発表された。

2016年08月20日22時19分

日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 過去の牧師による性暴力事件の対応と責任めぐり

日本聖公会京都教区主教に辞職勧告 過去の牧師による性暴力事件の対応と責任めぐり

1980年代に日本聖公会京都教区の牧師が複数の子どもに対して性暴力を行っていた「京都事件」をめぐり、同教区の司祭3人、信徒3人の計6人からなる常置委員会が、同教区の高地敬主教に対し、5月6日付で辞職を勧告する文書を提出していたことが、18日までに分かった。

2016年08月19日10時29分

ビュン牧師セクハラ訴訟 日韓の超教派牧師ら、連名で声明文発表「神の御前に悔い改めることを願い求める」

宗教法人「小牧者訓練会」の牧師、卞在昌(ビュン・ジェーチャン)氏のセクハラやパワハラに関する一連の民事訴訟が6月14日、卞氏のセクハラ行為を認めた判決が確定したことを受けて、卞氏の性的不祥事を憂う日韓の超教派の牧師らが今月、7月25日付の声明文を発表した。

2016年08月17日23時40分

「天の声・地の声・人々の声を無視」伊方原発が再稼働 地元団体代表の信徒・牧師や住民・市民らは強く抗議

「天の声・地の声・人々の声を無視」伊方原発が再稼働 地元団体代表の信徒・牧師や市民団体らは強く抗議

四国電力(本店=香川県高松市)は12日、伊方原子力発電所(愛媛県西宇和郡伊方町)の3号機の原子炉を午前9時に起動し、翌朝の6時半に原子炉が臨界に達したと発表した。これに対し、地元団体代表の信徒・牧師や住民・市民団体らは強く抗議した。

2016年08月13日18時21分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング