教会

日本聖書協会が新ニュースサイト立ち上げ 名称は「クリスチャンプレス」

日本聖書協会が新ニュースサイト立ち上げ 名称は「クリスチャンプレス」

日本聖書協会はこのほど、キリスト教ニュースサイト「クリスチャンプレス」の立ち上げを発表した。公開は6月1日を予定。同協会内に新設されたメディア部が運営を担当していく。21日には同協会で記者発表会を開き、編集方針や発足の狙いなどを説明した。

2018年05月22日16時01分

前田万葉大阪大司教が枢機卿に 日本人6人目

前田万葉大阪大司教が枢機卿に 日本人6人目

ローマ教皇フランシスコは20日、6月29日に枢機卿会議を開催し、カトリック大阪教区の前田万葉(まえだ・まんよう)大司教(69)を含む14人を新たな枢機卿に任命すると発表した。日本人の枢機卿は、故濱尾文郎枢機卿に次いで6人目。

2018年05月20日23時25分

安間正道

ペンテコステ記念メッセージ「祈りの炎を再び燃やす時」 安間正道

「使徒の働き」にある聖霊の御業は、エルサレムから始まり地の果てへと今日もなお広がり続けています。そして、ユダヤ人だけでなく異邦人へとすべての人々に福音が宣(の)べ伝えられ、聖霊の恵みと力が注がれ続けています。

2018年05月20日6時04分

聖公会と福音ルーテル、ペンテコステに黙想集『神の恵みによる解放』を共同出版

聖公会と日本福音ルーテル、ペンテコステに黙想集『神の恵みによる解放』を共同出版

日本聖公会エキュメニズム委員会(西原廉太委員長)と、日本福音ルーテル教会(JELC)エキュメニズム委員会(大柴譲治委員長)は、ペンテコステ(聖霊降臨祭)の20日、黙想集『神の恵みによる解放―聖公会・ルーテルの黙想』を共同で出版する。

2018年05月18日21時00分

教会で生まれた「母の日」今年で110年 創設者アンナ・ジェービスと母アンの生涯

教会で生まれた「母の日」今年で110年 創設者アンナ・ジェービスと母アンの生涯

今日は「母の日」だ。日付は世界でさまざまだが、米国の「母の日」に由来する日本では、5月第2日曜日がその日として祝われている。米国の母の日は、アンナ・ジェービスが1907年5月12日、亡き母を偲び教会で記念の礼拝を行ったのが起源とされている。

2018年05月13日10時47分

日本福音ルーテル教会、新総会議長に大柴譲治氏

日本福音ルーテル教会は2〜4日、同宣教百年記念東京会堂で第28回総会を開催し、総会議長に大柴譲治(現総会副議長、大坂教会)、総会副議長に永吉秀人(天王寺教会)、総会書記(事務局長)に滝田浩之(事務局管財室長)の各氏を選出した。

2018年05月08日16時08分

浦上四番崩れ津和野流刑150周年、今年も「乙女峠まつり」 行列や野外ミサなど

浦上四番崩れ津和野流刑150周年、「乙女峠まつり」で行列や野外ミサ

キリシタン弾圧「浦上四番崩れ」の流刑地の1つ、島根県津和野町には153人が配流され、拷問により老若男女36人が殉教した。津和野への流刑は明治元年の1868年に行われ、今年はちょうど150周年。殉教者を偲ぶ「乙女峠まつり」が今年も開催される。

2018年05月03日0時37分

キリスト教海洋散骨専門「シャロームセレモニー」が献社式

キリスト教海洋散骨専門「シャロームセレモニー」が献社式

キリスト教式の海洋散骨セレモニーを専門に取り扱う「海洋散骨 シャロームセレモニー」(代表・吉田暁氏)の献社式が19日、チャペル・こひつじで行われた。式はチャプレンの足立学牧師による「アメイジング・グレイス」の独唱でスタートした。

2018年04月24日18時48分

首都直下地震に備えを 新宿大久保通りの7教会主催で防災考えるイベント

首都直下地震に備えを 新宿大久保通りの7教会主催で防災考えるイベント

東京・新宿の大久保通り周辺にある7つの教会が協力する「新宿大久保通り教会防災ネットワーク」(略称:SOS防災ネット)が22日、大久保通りにあるウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会で防災啓発イベント「防災フェスタ2018」を開催した。

2018年04月23日17時49分

カトリック教会、典礼の聖書朗読で「御子」の読み方を「おんこ」に統一

カトリック教会、典礼の聖書朗読で「御子」を「おんこ」に読み替えへ

日本カトリック典礼委員会は19日、典礼における聖書朗読で「御子」を「おんこ」と読み替えることを発表した。カトリック教会は現在、「御子」を「みこ」と読む『聖書 新共同訳』を典礼で用いているが、典礼式文では「おんこ」と読んでいた。

2018年04月21日21時32分

日本キリスト教協議会の新議長に渡部信氏 新総幹事は金性済氏

日本キリスト教協議会(NCC)は3月19、20の両日、第40回総会を開き、2期務めて辞任した小橋孝一議長と網中彰子総幹事の後任として、新議長に渡部信氏(日本聖書協会)、新総幹事に金性済(キム・ソンジェ)氏(在日大韓基督教会)を選任し、新体制となった。

2018年04月04日13時05分

カトリック教会、『新教会法典』の条文を一部改訂 邦訳が完成

カトリック教会は昨年10月、教皇フランシスコが発表した使徒的書簡「マニュム・プリンチピウム」により、『カトリック新教会法典』の第838条を一部改訂した。その邦訳文が日本の2018年度定例司教総会で確定し、3月27日に公開された。

2018年04月01日23時29分

藤崎秀雄

【2018年イースター】「将来に希望を持って」 グレース宣教会代表牧師 藤崎秀雄

イースター、おめでとうございます。最近考えさせられることは、この国の将来を考えると、若い方々に安易に「将来に希望を持って」とは言えないことです。2千年前のイースターのこと、将来に希望を持てない2人の弟子がエマオ途上を歩いていました。

2018年04月01日0時00分

震災7年「私たちを忘れないで」 教派超え被災地のために祈り

震災7年「私たちを忘れないで」 教派超え被災地のために祈り

東日本大震災から丸7年となった11日、「第84回東日本大震災復興支援超教派一致祈祷会」がウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で行われ、教派を超えて教職や信徒ら約100人が被災地の復興のために祈りをささげた。

2018年03月12日23時49分

成長し続ける教会の秘訣とは? 創立100周年、米ニューヨーク・ハーレムの教会の挑戦

成長し続ける教会の秘訣とは? 創立100周年、米ニューヨーク・ハーレムの教会の挑戦

米ニューヨーク・ハーレムにあるベテル・ゴスペル・アセンブリー教会は、昨年創立100周年を迎え、この1年間、数多くの記念行事を行った。教会員の高齢化などにより存続が危ぶまれる教会も多い中、ますます成長を続けてる。一体、その秘訣は何なのか。

2018年02月25日21時29分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング