トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

教会

加藤常昭

イースターメッセージ「主の甦りのいのちを生きて」 加藤常昭

2017年4月16日、主イエス・キリストの復活を祝うイースター(復活祭)を迎えるに当たり、日本基督教団鎌倉雪ノ下教会の元牧師で、現在、説教塾主宰である加藤常昭氏にメッセージを頂いた。

2017年04月16日5時40分

受難週に「セデル」(過越祭の食事)を再現 登戸エクレシアキリスト教会

受難週に過越祭の食事「セデル」を再現 登戸エクレシアキリスト教会

今年の復活祭(イースター)である4月16日を前に、登戸エクレシアキリスト教会(PAZキリスト宣教団、神奈川県川崎市)では12日、ユダヤの過越祭(すぎこしさい)の食事を再現して聖書をより体験的に学び、キリストの十字架と復活を共に感謝する時間を過ごした。

2017年04月16日5時25分

今日は聖土曜日、夜は復活の主日「復活徹夜祭」

今日は聖土曜日、夜は復活の主日「復活徹夜祭」

金曜日にキリストは十字架で死なれ、墓に葬られた。そして日没とともに1日が終わり、「安息日」となるが、土曜日の日没を迎えると、カトリック教会では「聖なる3日間」の3日目、復活の主日「復活の聖なる徹夜祭」として、1年におけるキリスト教会最大の祭儀を持つことになる。

2017年04月15日10時03分

「愛されるためには、心を開けばいい」 片柳弘史神父による四旬節黙想会 

「愛されるためには、心を開けばいい」 片柳弘史神父による四旬節黙想会

片柳弘史神父(カトリック宇部教会主任司祭)の指導のもと、「愛することは、ゆるすこと」をテーマにアレルヤ会四旬節1日黙想会(カトリック東京大司教区アレルヤ会主催)が8日、カトリック東京カテドラル関口教会マリア大聖堂(東京都文京区)で行われた。

2017年04月14日14時44分

今日はキリストの十字架を覚える「聖金曜日」

今日はキリストの十字架を覚える「聖金曜日」

ついに受難週も「主の受難」の日、金曜日を迎えた。各地の教会やクリスチャンはこの日、それぞれ自分の罪のために十字架に付かれた神の子キリストを思い、復活への希望を持って祈る日だ。

2017年04月14日12時52分

今日から「過越の聖なる3日間」、洗足木曜日

今日から「過越の聖なる3日間」、洗足木曜日

パームサンデーから数えて5日目の受難週の今日、木曜日は「主の晩餐」を記念する日だ(マタイ26:26~30、マルコ14:22~26、ルカ22:14~23、1コリント11:23~26)。特にヨハネ福音書だけに記されているイエスが弟子の足を洗ったエピソードにちなんで、「洗足木曜日」と呼ばれる。

2017年04月13日11時20分

今日から聖週間(受難週)、パームサンデー

今日から聖週間(受難週)、パームサンデー

今日4月9日から聖週間(受難週)が始まる。3月1日、灰の水曜日から始まったレント(四旬節、受難節)だが、4月16日のイースターを前に、レント最後の週をこれから過ごすことになる。

2017年04月09日6時56分

ペトロとユダの「悔い改め」は何が違っていたのか 雨宮慧

ペトロとユダの「悔い改め」は何が違っていたのか 雨宮慧

カトリック東京教区司祭、上智大学神学部名誉教授の雨宮慧神父がレント(四旬節)のこの期節、イエスの12弟子だったペトロとユダの「悔い改め」の違いから、聖書が述べる「悔い改め」は帰る場所のある「悔い改め」であることを分かりやすく語った。

2017年04月08日7時08分

リック・ウォレン牧師、「日本のために祈ろう」

リック・ウォレン氏「日本のために祈ろう」

リック・ウォレン氏は、バラク・オバマ前米大統領の就任式で開会祈祷を務めるなど、社会に大きな影響を与える1人として注目されている。同教会員であるマリ・パクストンさんから、ウォレン氏が日本人の救霊のために祈りをささげてくれたとの報告が届いた。

2017年04月07日15時28分

「扉の先に、神様は必ず道を用意してくださる」 元シアトル日本人バプテスト教会牧師、崎山幸男氏

「扉の先に、神様は必ず道を用意してくださる」 元シアトル日本人バプテスト教会牧師・崎山幸男氏

シアトル日本人バプテスト教会の牧師を退いて最近帰国したばかりの崎山幸男氏。16歳で受洗して以来、「門をたたきなさい。そうすれば、開かれる」(マタイ7:7)の御言葉を信じて、71歳になる現在まで歩んできた。

2017年04月06日6時54分

「評価に疲れた若者に『何とかなる』と話し掛けたい」日本福音ルーテル最年少で初の平成生まれの牧師 中島和喜さん 

「評価に疲れた若者に『何とかなる』と話し掛けたい」日本福音ルーテル最年少で初の平成生まれの牧師 中島和喜さん

日本福音ルーテル教会初となる平成生まれの牧師が誕生した。中島和喜さん(26)。5日に教職授任按手式を終えたばかりで、4月から北海道教区の教会に派遣されようとしているフレッシュな牧師に、母校である日本ルーテル神学校(東京都三鷹市)で話を聞いた。

2017年03月29日11時05分

ヒズコール・デスティニー・カンファレンス(1)ゲストスピーカーがオーバーフロー!

ヒズコール・デスティニー・カンファレンス(1)ゲストスピーカーがオーバーフロー!

キリスト教会が10代から20代にアピールできることは何だろうか? 専門の研究分野ではないが、牧師であるからには、これを考えない日はない。その中で、すでに10年前から来るべき時代を目指し、着実に成長を続けている教会(彼らの言い方だと“チャーチ”)がある。

2017年03月26日22時56分

交わりの貧困に海賊キャプテンが舵を切る 登戸こども食堂 海賊キッチン

交わりの貧困に海賊キャプテンが舵を切る! 「登戸こども食堂・海賊キッチン」

登戸エクレシアキリスト教会では、昨年11月から地域の子どもとその家族を対象にした「登戸こども食堂・海賊キッチン」をオープンした。2階のスペースを開放して、未就学児、地域の小学生たちとその親を対象に、食事と団らんのひとときを提供している。

2017年03月20日6時57分

【寄稿】サイレンと子どもの涙  ディビッド風間・気仙沼ホープセンター代表

【寄稿】サイレンと子どもの涙  ディビッド風間・気仙沼ホープセンター代表

気仙沼で行われた3・11の追悼集会で、地震発生時刻の午後2時46分にサイレンが鳴らされると、参加者全員で黙祷をささげました。会場の外に、被災当時、小学校1年生と6年生だった子どもがいたのですが、教会の外の花壇のところでサイレンを聞くと、思わず泣きだしました。

2017年03月16日13時23分

今日からレント(四旬節、受難節)、灰の水曜日

今日からレント、灰の水曜日

いよいよ今日3月1日からレント(四旬節、受難節)が始まる。イースターへの備えとして、キリストの受難を思いながら、悔い改めと祈りに集中する期間を持つ。

2017年03月01日15時12分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング