北朝鮮、宗教活動などで8~12万人拘束 米国務省が年次報告書

2018年6月5日13時58分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+北朝鮮国旗
北朝鮮国旗(写真:John Pavelka)
- 広告 -

【CJC】米国務省は5月29日、「信仰の自由に関する国際報告書」(2017年版、英語)を発表した。今年は特に北朝鮮が取り上げられ、報告書は非政府組織(NGO)の報告に基づき、北朝鮮では賛美歌を歌ったり、聖書を読んだりすることが処罰対象になり、収容所に投獄されるケースがあると明記している。同国で宗教活動に携わった人が処刑や拷問の対象になるなど「苛酷な状態」に置かれ、政治活動や宗教活動で政治犯収容所に拘束されているのは約8万~12万人に上るとの推計を示した。

報告書は中国について、習近平国家主席への権力集中が進んだ昨年10月の共産党大会前から宗教活動への締め付けが強まり、現在も継続中であると指摘した。

米政府は北朝鮮や中国について、イランやサウジアラビアと共に、信教の自由を著しく侵害している「特定懸念国」10カ国に含めている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング