トピックス 沈黙(映画)  宗教改革500年  聖書翻訳  沖縄  環境問題  マザー・テレサ  

アメリカ

88歳の引退牧師、入学後半世紀を経て学位取得 「これなしには主に会うまいと思ってきた」

88歳の引退牧師、入学後半世紀を経て学位取得 「これなしには主に会うまいと思ってきた」

1961年にショーター大学(米ジョージア州)に入学し、キリスト教学の学びを始めてから半世紀以上を経て、ついに今月5日、88歳の引退牧師、ホーレス・シェフィールドさんは苦労して得た学位を手にし、同大を卒業した。

2017年05月25日23時34分

危険を冒して北朝鮮の大学で働く「宣教師」たち

危険を冒して北朝鮮の大学で働く「宣教師」たち

北朝鮮唯一の私立大学である平壌科学技術大学(PUST)では、4月から5月にかけて、米国出身の2人の教授が当局に拘束された。しかし大きな危険の中にあっても、数十人の米国人とキリスト教の「宣教師」らが、依然としてPUSTで働いている。

2017年05月17日23時48分

米国人クリスチャンの多くに「非聖書的世界観」の影響、調査機関が報告

米国人クリスチャンの多くに「非聖書的世界観」の影響、調査機関が報告

米キリスト教調査機関は最近、米国のクリスチャンの多くが非聖書的な世界観を取り入れているとする報告を発表した。調査によると、信仰を重要視し、教会にも定期的に通っているクリスチャンのうち、「聖書的世界観」を持っていたのはわずか17%だった。

2017年05月17日22時46分

米国で消えゆく「日曜午前11時の礼拝」、増える「水曜夜の礼拝」

米国で消えゆく「日曜午前11時の礼拝」、増える「水曜夜の礼拝」

米国で今、伝統的な「日曜日午前11時の礼拝」がなくなりつつある。その一方で、水曜日夜の礼拝に力を入れる教会が増えている。背景には、多くの人々が週末にさまざまな予定があり、多忙ということがある。

2017年05月11日12時00分

トランプ氏、言論・宗教の自由を促進する大統領令に署名 歓迎と懸念の声

トランプ氏、言論・宗教の自由を促進する大統領令に署名 歓迎と懸念の声

ドナルド・トランプ大統領は4日、宗教団体などの政治活動に対する制限を緩和することや、避妊や中絶に対する医療保険の適用を義務付けている規則の変更などを盛り込んだ大統領令に署名した。米国の教界内では歓迎する声がある一方、懸念を示す声も出ている。

2017年05月05日21時44分

米国、あす「国家祈祷日」 4万カ所以上で国のために共同の祈り

米国、あす「国家祈祷日」 4万カ所以上で国のために共同の祈り

米国はあす4日、毎年恒例の「国家祈祷日」を迎える。周辺日を含め、全米で4万を超えるイベントが開催される見込みで、多くの米国民が国のために心を合わせて祈る。昨年は、全米で約4万7千件という記録的な数のイベントが開催された。

2017年05月03日16時03分

クリスチャンの教授ら千人以上が署名、人種差別・女性蔑視・移民排斥などの罪認める声明を発表

クリスチャンの教授ら千人以上が署名、人種差別などの罪認める声明を発表

全米のクリスチャンの教授や教員ら千人以上が、「弱い立場の人々」の存在を認め、擁護する約束を中心とした声明に署名した。声明は、人種差別や女性蔑視、移民排斥主義、経済格差を「国家的な罪」と指摘している。

2017年04月14日23時46分

学校

無神論団体、小学校でのギデオン聖書配布に抗議 米国

米最大の無神論団体「宗教からの自由財団」(FFRF)が、ノースカロライナ州にある小学校の校内でギデオン聖書が配布されたとして、学校を管轄する学区に対して抗議書を送った。FFRFは政教分離をうたい、訴訟を含む活動を全米で行っている。

2017年04月14日7時08分

世界教会協議会、シリア紛争の拡大を非難 「軍事的な解決策はない」

世界教会協議会、シリア紛争の拡大を非難 「軍事的な解決策はない」

世界教会協議会(WCC)総幹事のオラフ・フィクセ・トヴェイト牧師は7日、米軍がシリア空軍基地に対しミサイル攻撃を行ったこと受け、紛争の当事者全てが敵対することをやめ、国際法の枠組みの中での移行統治に向け、平和的交渉に取り組むよう求めた。

2017年04月11日18時11分

米ジョージタウン大学、奴隷制度に加担した歴史を謝罪へ

米ジョージタウン大学、奴隷制度に加担した歴史を謝罪へ

米最大のカトリック系大学であるジョージタウン大学(ワシントン)は、18日に宗教的式典を開催し、奴隷制度に加担した過去を公に謝罪する。米国のイエズス会には、1838年にメリーランド州で奴隷にされた男女や子どもら272人を売却した過去がある。

2017年04月05日9時58分

米メガチャーチ、中東難民のために30万食用意 地元の貧困家庭向けにも

米メガチャーチ、中東難民のために30万食用意 地元の貧困家庭にも

米フロリダ州南東部に複数の拠点を持つ「クライスト・フェローシップ」は3月18、19の両日、3回目となる「メイク・ア・ミール」(食事を作ろう大会)を開催。8カ所ある拠点で合計約1万2500人の教会員が奮闘し、中東難民らのために食事を準備した。

2017年04月03日19時21分

米南部バプ連盟幹部、大統領選中の発言を謝罪 「不必要に辛辣だった」

米南部バプ連盟幹部、大統領選中の発言を謝罪 「不必要に辛辣だった」

米プロテスタント最大教派である南部バプテスト連盟(SBC)のラッセル・ムーア倫理宗教自由委員会(ERLC)委員長は20日、昨年の大統領選中の発言が「不必要に辛辣(しんらつ)だった」と認め、謝罪した。

2017年03月29日23時56分

米国の信教の自由に危機感、南部バプ連が6週間の学習プログラム作成

米国の信教の自由に危機感、南部バプ連が6週間の学習プログラム作成

米プロテスタント最大教派の南部バプテスト連盟(SBC)が、米キリスト教出版社「ライフウェイ・クリスチャン・リソーシーズ」と協力して、米国内でクリスチャンが現在直面している信教の自由に対する脅威について、信徒が6週間で学べる新しい学習プログラムを作成した。

2017年03月22日23時52分

フェイスブック、女性クリスチャンのアカウント停止を謝罪 同性愛に関する投稿で

フェイスブック、女性クリスチャンのアカウント停止を謝罪 同性愛に関する投稿で

LGBT(性的少数者)を軽蔑する内容の投稿をしたとして、クリスチャンの女性ビデオブロガーが、フェイスブックからアカウントを停止された問題で、フェイスブックは「間違いだった」とし、女性に謝罪した。

2017年03月08日17時22分

「宗教の自由、キリスト教徒以外にも同じく」 米福音派指導者ら

「宗教の自由、キリスト教徒以外にも同じく」 米福音派指導者ら

米国福音同盟(NAE)は最近、理事会役員を対象に宗教の自由に対する意識調査(英語)を行い、福音派の指導者たちが、キリスト教徒ばかりでなく、イスラム教徒や他の宗教を信じる人々の宗教的自由も等しく保障されるべきだと考えていることを明らかにした。

2017年03月08日14時08分

主要ニュース

コラム

おすすめのイベント

人気記事ランキング