ISに殺害されたコプト教徒21人の遺体、リビアの要塞跡近くで見つかる

2017年10月11日22時53分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+イスラム国・IS
過激派組織「イスラム国」(IS)が2015年2月15日に公開した動画
- 広告 -

北アフリカのリビアで2015年に、過激派組織「イスラム国」(IS)によって殺害されたコプト教徒の男性21人の遺体が見つかった。リビア内務省が7日、首都トリポリの東約450キロにある都市スルトで、ISの要塞(ようさい)跡近くに埋葬されていたのを発見したと発表した。

AFP通信(英語)によると、遺体の頭部は、オレンジ色の服を着た胴体から分離されており、両手はプラスチック製のワイヤーで後ろ手に縛られていたという。

殺害された21人のうち、20人はエジプト人で、1人は出身国が不明のアフリカ系男性。遺体の場所は、ISの囚人の証言に基づいた調査で分かり、6日に見つかった。遺体は近隣の都市ミスラタに移送され、司法解剖される。

殺害されたのは、キリスト教の一派であるコプト教徒たちで、2014年12月と15年1月に別々の事件で捕らえられていた。その後15年2月に、リビアの海岸で処刑される様子が動画で公開され、世界中に衝撃を与えた。21人は16年、コプト正教会の教皇タワドロス2世により列聖されている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング