トピックス 九州豪雨  宗教改革500年  聖書翻訳  同性愛  沖縄  

失踪中のドイツ人少女、イラク・モスルで発見 IS戦闘員と結婚

2017年8月4日14時32分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+イラク・モスル
モスル西部の様子=2017年3月27日(写真:Quentin Bruno)
- 広告 -

昨年7月から失踪していた16歳のドイツ人少女が、過激派組織「イスラム国」(IS)から最近解放されたイラク北部の都市モスルで発見された。英ガーディアン紙(英語)などによると、発見されたのはリンダ・ウェンツェルさんで、すでに死亡したISの戦闘員と結婚していたという。イラク軍が、ISに属する20人の外国人女性らと共に発見した。

ウェンツェルさんは最初、アラビア語をうまく話せなかったため、ISに誘拐されたヤジディ教徒の少女とみなされていた。しかしその後、ドイツ東部の小さな町プルスニッツで、昨年7月から失踪していた少女であることが分かった。失踪前は「頭の良い生徒」で、とても静かで控えめな子だったという。

ウェンツェルさんは、プロテスタントの家庭で育ったが、両親が離婚。その後、母親が学校の清掃員と関係を持つようになったことで大きなショックを受け、それがイスラム教に近づく要因になったとされている。昨年5月にネットで知り合ったハンブルク出身のイスラム教の説教者からコーランを送ってもらい、学校にも毎日持ってきていたという。さらにアラビア語を習い始め、華美な服装もやめるようになっていた。

ISのメンバーとはチャットで関わりを持つようになり、過激思想に傾倒していったとみられている。その後、ネット上で知り合ったイスラム教徒から、イラクに来て一緒に活動するよう誘いを受け、母親のクレジットカードを使い、トルコのイスタンブール行きの航空券を購入したという。

昨年7月1日、週末を友人と過ごすと母親に言い残して家を出たが、その後家には帰らず、トルコを経由してイラクに密入国した。ウェンツェルさんはそれまで、電車でさえ1人旅をしたことがなく、母親は驚いたという。

ウェンツェルさんの他にも、モスルの地下トンネルからは4人のドイツ人女性が発見された。彼女たちは、ISの女性警察組織の20人の一部で、他にもロシアやトルコ、カナダ、チェチェンから来た女性たちがいた。また、自爆用のベストを身に着けていた者もいたという。

ドイツ当局はこれまで、ウェンツェルさんが本人であることを確認しているが、彼女がISと共に戦闘に加わっていたかどうかは確証を得ていないとしている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング