なにゆえキリストの道なのか(109)なぜ性を罪悪視するのか? 正木弥

2017年9月16日05時39分 コラムニスト : 正木弥 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:正木弥

なぜ性を罪悪視するのか。

性を罪悪視してはいません。かえって重要視しているのです。

聖書で、性は大切なもの、良いものとして取り扱われています。創世記1章22節に「生めよ。ふえよ。・・・」とありますが、生み、ふえるためには、性とそれに続く出産が不可欠ですから、それが大切に扱われねばならないことになります。性は親子関係、家族関係を生み出す出発点であり、民族生成の出発点でもあります。

また、創世記2章18節に「人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう」と言われ、その帰結として「それゆえ男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである」(創世記2章24節)と説明されています。つまり、助け手関係(夫婦)となるための性的結合が定められているわけです。

イエス・キリストもパリサイ人に答えて言われました。「創造者は、初めから人を男と女に造って、『それゆえ、人は・・・その妻と結ばれ、ふたりは一体となる』と言われたのです。・・・それで、もはやふたりではなく、ひとりなのです。・・・人は、神が結び合わせたものを引き離してはなりません」(マタイ19章4~6節)と。男と女が性的に結合することにより一体関係となり、それを夫婦関係の本質とされた、というわけです。

神は人間が原則として1人で孤立しておるべきではなく、夫婦となり、子どもを産み、家族を形成するものとされました。その核心に男女の性の結合を据えられたのです。このように、性は大切な部分を占めるわけです。

ただし、性の結合(性行為)は、以上の目的に従ってなされなければなりません。

ところが、性行為への欲望は大変強力ですから、目的外の場合に使われやすいのです。動物の場合は専ら繁殖という目的に限られているようですが、人間の場合は専ら性行為の快感の追求というものが大きな目的になりがちなのです。そして、その場合はさまざまの弊害・トラブルが噴出しがちです。見方にもよりますが、人類の有名・無名の出来事・事件・難事の過半に性のトラブルが絡んでいるのではないでしょうか。普通の家庭、個人の人生でも同様、性のトラブルが介在して難事や不幸が生じているようです。

何でも目的外に使うと弊害が生じるものですが、性行為は特にそれが甚だしいのです。

そこで、“性”を用いる場合の“決まり”を神が決めておられるので、これを守らなければなりません。それを守る限りで性は良いもの。守らないと、直ちにか徐々にか不幸になってきます。例えば、ダイナマイトは土木工事などで大変有用ですが、その取り扱い方法を誤まると暴発して多大の被害を及ぼします。これと同様です。“性”は取り扱い要領(決まり)を守らなければなりません。

その決まりとは、性行為は結婚関係の中でだけ用いるということです。性行為は2つのものを1つにする効果がありますが、それが結婚の効果であります。それは上述の創世記やイエスの言葉にもある通りです。ですから、結婚の効果をもたらすものを、結婚外で用いてはならない、そういう命令・律法・教えになるわけです。

具体的にいえば、結婚している者が結婚外[夫婦の相手以外の人]と性関係を結んではならない、ということ。それが“姦淫”であり、何度も戒められていることです。もう1つは、結婚していない者が性行為に及んではいけない、というもの。これは“不品行”ということであり、これも何度も避けるよう呼び掛けられています。もちろん、同性愛も非難されています。性の欲望をコントロールしてこれらを避けることが性倫理です。

もしこのことを無視したり、いい加減に考えたりするなら、その人も周りの家族も不幸になります。子どもたちが問題行動にゆき、家庭が崩壊してゆきます。また、めぐりめぐって社会全体も病んできます。道徳心が麻痺してゆき、不健全な現象が増えてきます。

性を罪悪視しているのではなく、むしろ尊重しているのです。性を正しく用いましょう。現代に一番求められていることです。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ
創造論と進化論 〜 覚え書 〜 古い地球説から
なにゆえキリストの道なのか

【正木弥動画】
おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング