小又香織   

生まれも育ちも茨城県。茨城キリスト教大学在学中、唯一の神の存在を確信しました。2013年、ハワイのコナにある超教派の国際青年宣教団体「ユース・ウィズ・ア・ミッション」(YWAM)のユニバーシティー・オブ・ザ・ネーションズで、舞台芸術を通して神に栄光を表す弟子訓練学校(Performing Arts DTS)で学んだことが、人生の大きな糧となっています。好きなことは専ら音楽やミュージカル。現在、水戸キリストの教会会員。

記事一覧

年末までにクリスチャンがする必要のある5つのこと

年末にクリスチャンがすべき5つのこと

時がたつのは早いもので、気付けば今年も残すところあとわずかである。あなたは来年を迎える準備ができているだろうか。来年、何か素晴らしいことが待ち受けていると期待しているだろうか。それとも、2017年にまだ立ち往生しているだろうか。

2017年12月23日23時34分

ロシア正教会、1年で10教区新設 聖職者も521人増

ロシア正教会、1年で10教区新設 聖職者も521人増

ロシア正教会は、2006年の1年間に10教区が新設され、聖職者(神品)は521人増え、計3万9414人に達したと発表した。11月29日に行われた主教会議の開会式で、同教会トップのモスクワ総主教キリルが明らかにした。

2017年12月06日16時33分

イエス・キリストに従う者の3つの特徴

イエス・キリストに従う者の3つの特徴

キリストに従うことは、真のキリスト者であることの証しだ。自分はキリスト者だと告白しておきながら、そのしるしを示さない人は、ただぶらぶらと公園を歩いているような人だ。あなたは本当の意味でキリストに従っているだろうか。

2017年11月26日23時48分

中傷や悪口に対するキリスト教的対処法

中傷や悪口に対するキリスト教的対処法

自分の人格を傷つけられることは、人間にとって最も苦痛なことの1つだろう。うわさが真実でも、中傷的な内容であっても、いずれにしろこれらは人を通して広まり、うわさされている張本人は、それに対して無力であることに気付くのではないだろうか。

2017年11月12日23時50分

「テロリスト=イスラム教徒」ではない 国際宣教団体「OM」創設者

「テロリスト=イスラム教徒」ではない 国際宣教団体「OM」創設者

国際宣教団体「OM(Operation Mobilization)」の創設者である米国人宣教師、ジョージ・バウワー氏(79)は、テロによるイスラム教徒に対する恐怖心の増大が伝道の障害になっているとし、イスラム教徒への伝道の必要性を強調した。

2017年10月27日16時21分

祈り

どのように、また何のために祈っているのか 米国で千人以上対象に調査

多くの米国人は祈る。では一体、彼らはどのように、また何について祈っているのだろうか。米調査会社バーナ・グループが、米国人の祈りの習慣について調査を行い、最近その結果を発表した。

2017年09月13日23時50分

「教会へようこそ」は言うは易く行うは難し?

「教会へようこそ」は、言うは易く行うは難し?

「私たちの教会へようこそ」。これは、クリスチャンのお決まりのフレーズであり、確かにどの集会や礼拝においても、そうでなければならない。しかし、特に今日、人々に教会に来てもらうことはちょっと大変である。

2017年08月22日23時32分

多くの問題がある時でも、神を信頼する3つの理由(Pixabay)

多くの問題がある時でも、神を信頼する3つの理由

私たちはしばしば、自分や自分の周りに起こるつらい出来事によって、心が振り回されてしまう。試練が来て問題が起これば、私たちは簡単に心を失い、これから起こるかもしれないことを、あれこれと心配し始める。

2017年08月19日23時51分

ミサ中に刺された神父が死亡、メキシコで今年4人目の犠牲者

ミサ中に刺された神父が死亡、メキシコで今年4人目の犠牲者

5月にメキシコの首都メキシコシティでミサ中に攻撃されたカトリック司祭が、病院で死亡した。地元の大司教区は、攻撃時にメトロポリタン大聖堂でミサの司会していたホセ・ミゲル・マッコーロ神父が、2日夜に昏睡状態となり死亡したと、3日の朝発表した。

2017年08月14日14時01分

絶えず祈るための5つの方法とは?

テサロニケ一5章17節「絶えず祈りなさい」を実践するための5つの方法

テサロニケ一5章16~18節で、パウロはある意味、非常に努力を要する命令を出している。「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい」。果たして、「いつも」とか「絶えず」というのは、本当に文字通りの意味なのだろうか?

2017年08月13日20時35分

交通事故で2人の息子を亡くした牧師夫婦、双子の男の子を授かる 米国

交通事故で2人の息子を亡くした牧師夫婦、双子の男の子を授かる 米国

米東部ノースカロライナ州で2015年に起きた交通事故により、2人の息子を亡くした牧師夫婦にこのほど、双子の男の赤ちゃんが誕生した。事故は15年5月、同州ハムステッドの国道で発生。エディングス一家は当時、ジェントリーさんの姉の結婚式に出席し、その帰途にあった。

2017年07月21日17時15分

何をもって自分は「クリスチャン」だと言えるのか?

真のクリスチャンとは? あなたの信仰を確かめる4つのポイント

何をもって真のクリスチャンといえるのか。いろいろな意見や考えがある。幼児洗礼を受ければクリスチャンだと思っている人もいれば、自分自身でクリスチャンになることを選択しなければならないと信じている人もいる。

2017年06月24日23時06分

福音を人と分かち合わなくても「良い」クリスチャンになり得るか?

福音を人と分かち合わなくても、「良い」クリスチャンになり得るか

今日、教会に通う多くのクリスチャンは、「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣(の)べ伝えなさい」(マルコ16:15)という、主イエス・キリストが彼を信じるすべての人に与えた大宣教命令を理解していない。なぜだろうか。

2017年05月20日22時51分

真の友がする5つのこと

真の友がする5つのこと

今日、真の友を得ることは難しい。人間関係が使い捨てであるかのような時代に、永続的で忍耐強い関係を持つことはまれなことになっている。しかし、神がデザインされた友情は本物であり、誠実で、生涯にわたりずっと続いていくものだ。

2017年05月04日11時46分

RLP、ラテンアメリカで史上初となる会合でブラジル大統領と外相が出席

ブラジルで信教の自由に関する国際会合、24カ国からキリスト教指導者が出席 大統領や外相も

信教の自由の保護と推進を目的とする世界的キリスト教ネットワーク「信教の自由パートナーシップ」(RLP)は今月3〜6日、ブラジルの首都ブラジリアで24カ国の主要指導者80人を集め、4日間にわたる年次会合を行った。

2017年04月23日7時33分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング