テサロニケ一5章17節「絶えず祈りなさい」を実践するための5つの方法

2017年8月13日20時35分 翻訳者 : 小又香織 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+絶えず祈るための5つの方法とは?
(写真:Ben White/Unsplash)
- 広告 -

テサロニケの信徒への手紙一5章16~18節で、パウロはある意味、非常に努力を要する命令を出している。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです」(新共同訳)

果たして、「いつも」とか「絶えず」というのは、本当に文字通りの意味で用いているのだろうか?「いつも」や「絶えず」とは言いすぎのように聞こえはしまいか? 英語の訳では次のようになっている。

直訳を重視した米国の「新改訂標準訳」(NRSV)では、“pray without ceasing”(とどまることなく祈りなさい)と訳されている。現代人に分かりやすい表現を優先した米国聖書協会の「Good News Bible」(GNB)は、“pray at all times”(どんな時にも祈りなさい)で、ユージーン・H・ピーターソン氏による現代語意訳聖書「Message」でも、”pray all the time”(四六時中、祈りなさい)となっている。表現の違いは多少あるものの、「絶えず祈りなさい」という本質的な意味において違いはない。一体、パウロが非現実的なのだろうか?

祈りの基準がとても高かったのはパウロだけではない。英中西部の都市リバプールの初代主教で熱心な説教者であったJ・C・ライル(1816〜1900)は、祈りについて次のように語っている。

「救いに対して絶対に必要なことは、人は祈るべきであるということだ。祈りがないということは、神なし、キリストなし、恵みなし、希望なし、天国なしということだ」

クリスチャンの生活に不可欠である「祈ること」に苦戦しているクリスチャンは多いかもしれない。祈りとは、やるべきだと分かっているのに、うまくいかないものではないだろうか。ここでは、私たちがもっと祈れるよう助けてくれる5つの方法を紹介したい。

1. ウォーキングをする

教父アウグスティヌスは、ラテン語の「Salvator ambulado」という言葉を話に出すことがあったという。大まかに言えば、「歩くことで解決される」という意味だ。自分の部屋でどうもうまく祈れないときは、家から出て歩いてみよう。公園や海、近所を散歩するのも良いだろう。歩くことは私たちの視点を変え、祈ることを助けてくれる。

何十キロにも及ぶ巡礼でも、公園の周りをちょっと散策する場合でも、外に出ることで自然の中で神に会い、会話を楽しむことができるのだ。

2. イイススの祈り

これは、正教会の最も古い祈りの1つで、とてもシンプルなものだ。「主イイスス・ハリストス(イエス・キリスト)、神の子よ、我(われ)、罪人を憐(あわ)れみ給え」という祈りを何度も繰り返すこのやり方は、短縮された「主、憐れめよ(ギリシャ語で、キリエ・エレイソン)」の祈りとともに、正教会以外の人々の間でも広く用いられている。これがあなたにとって助けにならなければ、古くからある「聖霊様、来てください」という祈りをすることもできるし、イエスの御名を声に出して繰り返しても構わない。5分間続けてみれば、これらの祈りがどんなに助けになるかが分かり、びっくりすることだろう。

3. 近所の祈り会を探す

祈り会を見つけよう。教会によっては、毎日祈りの場を提供しているところもある。特に大都市では、さまざまな形式やスタイルがあるので、自分の必要に合ったものを選ぼう。あなたの職場から近い場所で行われている祈り会があれば、週のスケジュールに組み入れ、生活の一部にすることも可能だろう。

4. イエズス会士が毎日行う「エクサメンの祈り」

イエズス会士が毎日1日の終わりに祈るという「エクサメン(Examen、糾明)の祈り」を試してみてはどうだろうか。英語で、“Examination of Conscience” や “Consciousness Examen” など呼ばれ、「意識の糾明(究明)」を意味する祈りだ。その日に起こったことを振り返って祈る、シンプルでありながら、非常に深い祈りで、基本は次の4つのステップからなる。

  1. 神の存在を意識する。
  2. その日を振り返る。
  3. 良かったことに感謝し、悪かったことを悔い改める。
  4. 明日に目を向ける。

世界の何百万もの人々が実践している祈りで、最近では「エクサメンの祈り」を取り入れた「Pray As You Go」(英語)というスマートフォンのアプリも存在する。

5. 信仰の先人たちにインスピレーションを求める

過去のクリスチャンたちが、祈りについてさまざまな方法を実践し、それらを残してくれているおかげで、私たちはその恩恵にあずかることができる。ぜひ、彼らの霊性ややり方をまねしてみよう。

カルメル会の修道士、ブラザー・ローレンス(御復活のラウレンシオ、1611〜91)は、絶え間ない祈りについて次のように述べている。

「神と常に会話する習慣をつくり、私たちが行うすべてのことを彼に言及するには、まず、いくらか熱心さをもって神に心を向けなければならない。しかし、そのほんの小さな努力の後、何の難しさを感じることなく、私たちは心の中に神の愛が湧いてくるのを発見するのです」

まずは、やってみてどうなるかを見てみよう。試しにやってみて、どうなるかを見るということは、クリスチャン生活を送る上で良いやり方ではないだろうか。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング