ロシア正教会、1年で10教区新設 聖職者も521人増

2017年12月6日16時33分 翻訳者 : 小又香織 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ロシア正教会、1年で10教区新設 聖職者も521人増
モスクワにあるロシア正教会の救世主ハリストス大聖堂(写真:Voytek s)
- 広告 -

ロシア正教会は、2006年の1年間に10教区が新設され、聖職者(神品)は521人増え、計3万9414人に達したと発表した。11月29日に行われた主教会議の開会式で、同教会トップのモスクワ総主教キリルが明らかにした。

発表(英語)によると、現在303教区を有するロシア正教会は、2009年以降に計144教区を新設した。所有する教会や施設の数は3万6878に及び、在外ロシア正教会を含め海外にも900近い教会や修道院がある。

聖職者数3万9414人は、主教以上は除いた数で、内訳は司祭が3万4774人、輔祭が4640人。またこの期間、新たに3人の府主教が叙聖され、府主教は計60人になった。ロシア正教会では現在、教会の統計を改善する取り組みを行っているが、ここ数年は安定して聖職者が増えているという。

「海外にあるロシア正教会のほぼすべてのコミュニティーに、日曜学校や聖職者養成コースがあり、母国の言葉と文化を守り、若い世代を教育する活動があります」。キリル総主教は主教会議でこう述べ、昨年、パリとロンドンでロシア正教会の大聖堂が成聖されたことについても触れた。

昨年10月に行われたロンドンの大聖堂の成聖式は、キリル総主教自身が執り行っており、キリル総主教はこの際、英国国教会(聖公会)トップのカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビーと初めて会談するなどした。一方、ウェルビー大主教は今年10月初めにモスクワを訪問し、キリル総主教やロシア政界の重鎮らと会談した。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
この記事が気に入ったら「フォロー」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング