リビアでISに斬首されたコプト教徒20人の遺体、エジプトに帰還

2018年5月16日18時20分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+リビアでISに斬首されたコプト教徒20人の遺体、エジプトに帰還
過激派組織「イスラム国」(IS)が2015年2月15日に公開した動画
- 広告 -

北アフリカのリビアで2015年に過激派組織「イスラム国」(IS)に斬首されたエジプト人コプト教徒20人の遺体が14日、首都カイロに到着した。

殉教したコプト教徒たちは、出稼ぎのためにリビアを訪れていたが、2014年12月と15年1月に別々の事件で捕らえられた。ISは、彼らにオレンジ色のジャンプスーツを着させ、拠点としていたリビア北部の都市スルトの浜辺で斬首。その動画を15年2月にインターネット上で公開し、世界に衝撃を与えた。

遺体は昨年10月、ISの元関係者の証言に基づいた調査で見つかり、回収されていた。ISは15年にスルトを占拠したが、米国の空爆支援により地元の政府軍が16年末に奪還した。

斬首されたのは計21人で、20人がエジプト人、1人がガーナ人だった。いずれも男性。このうちエジプト人20人の遺体が、スルトに隣接するミスラタから、カイロに航空機で移送された。

現地の報道によると、コプト正教会の教皇タワドロス2世は、ひつぎに納められた遺体を空港で出迎えた。遺体は埋葬のため、エジプト中部のミニヤ県に移送される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
フェイスブックで最新情報をお届けします
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング