教皇が若者たちに「皆さんには声を上げる力がある」 銃規制デモ受け

2018年3月27日16時33分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ローマ教皇フランシスコ
ローマ教皇フランシスコ(写真:Pixabay)
- 広告 -

【CJC】ローマ教皇フランシスコは25日、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場で若者たちに向け、恐れずに声を上げ続けてほしいと呼び掛けた。

当日はイースター(復活祭)1週間前の日曜日「枝の主日」(棕櫚〔しゅろ〕の主日)で、カトリック教会の若者たちの祭典「世界青年の日」とも重なった。

24日には、先月銃乱射事件が起きた米フロリダ州の高校の在校生らが、銃規制を訴える大規模なデモを実施。全米、世界各地で若者たちを中心に計数十万人が参加した、と米メディア「CNN」は報じている。

教皇はメッセージの中で「若者たちよ、皆さんには声を上げる力がある」と語り掛けた。大人や指導者たちが口を閉ざし、全世界が沈黙しても「私は皆さんに、大きな声を上げてくれますか、とお願いする」と強調した。

さらに、自分の恐怖感と「真摯(しんし)に向き合い、それをありのままに認識し、受け入れることを恐れないでほしい」と訴えた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング